web拍手 「本格的な」国会論戦が始まりました。衆院予算委 首相、議員生命懸ける 自民、詰め甘く(毎日.jp)政権交代後、初の本格的な「党首対決」となった21日の衆院予算委員会。鳩山由紀夫首相は自らの偽装献金問題で議員辞職を懸けて自らの潔白を主張し、自民党の谷垣禎一総裁は「政治とカネ」の問題などを追及した。首相は防戦に回ったものの、詰めの甘さから首相が答弁に窮する場面はほとんどなく、党首対決の第1ラウンドは首相..."> 国会論戦が始まった 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「本格的な」国会論戦が始まりました。
衆院予算委 首相、議員生命懸ける 自民、詰め甘く(毎日.jp)

政権交代後、初の本格的な「党首対決」となった21日の衆院予算委員会。鳩山由紀夫首相は自らの偽装献金問題で議員辞職を懸けて自らの潔白を主張し、自民党の谷垣禎一総裁は「政治とカネ」の問題などを追及した。首相は防戦に回ったものの、詰めの甘さから首相が答弁に窮する場面はほとんどなく、党首対決の第1ラウンドは首相が逃げ切る形になった。守勢の首相を攻め切れない谷垣氏には、自民党内から早くも不満が漏れた。

 首相「(母親からの寄付は)天地神明に誓ってまったく知らなかった」

 谷垣氏「承知していると証明できたら首相を辞めますね」

 首相「当然、バッジを付けている資格はない」

 寄付を知っていたことが証明されたら議員を辞職するとの首相の言葉に、衆院第1委員室は一瞬緊張に包まれた。しかし、谷垣氏が苦笑交じりに継いだ言葉は「OKじゃないんですが、次に移ります」。与野党双方から失笑が漏れ、党首対決のハイライトはあっけなく終わった。

 傍聴していた自民党の閣僚経験者は「甘いな」とぴしゃり。応援団の同党議員からさえ「しっかりやれ」「おれに代われ」と容赦ないヤジが飛んだ。

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体に絡む事件では、首相が小沢氏に「戦って」と発言した問題を谷垣氏は取り上げた。「指揮権の発動を意識したのか」などとただしたが、首相は「そのような思いはまったくありません」とかわした。

 谷垣氏は10年度予算案の審議が始まる前に、「政治とカネ」の問題で集中審議を開くよう求めたが、政府・与党側は応じない構えだ。ただ、週末にも行われる小沢氏への東京地検特捜部による任意の事情聴取の結果によっては、潮目が変わることも予想され、政府・与党の関心は既に自民党との論戦ではなく、検察の捜査に移っている。

 谷垣氏の「弱腰」に、首相には少しずつ余裕が生まれ、谷垣氏が16日の民主党大会を「大政翼賛会的だ」と批判した際には、「ご覧にもなっていなかったのに、失礼な話だ」とムッとした表情さえ見せて反論した。

 首相は21日夜、首相官邸で記者団に「私の政治資金の問題では2、3人の委員から同じような質問をたくさんいただきました」と自民党側の追及の甘さを皮肉った。その後、東京都内の日本料理店での会食の席では「針のむしろですよ」と言って笑った。【鈴木直、木下訓明】


同じく毎日新聞の社説はこの論戦を
社説:衆院予算委 もっと聞かせる論争を

事実上の党首討論としては今ひとつ期待はずれのものだった。

まずは「政治とカネ」である。谷垣氏は持ち時間の半分近くを使って小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る疑惑や鳩山氏の偽装献金問題を取り上げた。千葉景子法相には指揮権発動の可能性についても問いただし、幅広い論点から追及したが、疑惑の外形をなぞっただけで、事実関係が深まるところまではいかなかった。

 残り半分の時間は、外交・安保、経済財政政策、マニフェストの位置付けなど、国家の政策の肝についての意見交換に使われた。テーマ選定自体は党首討論としてふさわしいものであったが、いずれも尻切れトンボに終わった。

 外交・安保では、日米安保が日本外交の基軸である、との一致点を確認する入り口論にとどまり、日米安保をめぐる周辺環境の変化、在日米軍基地の今後のあり方、首相の説く東アジア共同体構想との整合性など、安保改定50年の節目ならではの中身の濃い本音のディベートを聞くことができなかった。

 経済財政政策では、国民がもっとも知りたい、と思っている成長戦略について、説得力のある政策提示がいずれからもなく、マニフェストについても単なる定義付けが行われたにすぎなかった。

と評価しています。

大体、過去の自民党を見てきていれば、自民党が「政治と金」の問題を持ち出すこと自体「お前が言うな」ということにしか思えませんし、むしろマイナス材料が多いようにすら思えます。
抜け穴が多いといわれる政治資金規正法をどう考えるのか、過去民主党が主張した企業団体からの献金の全面禁止を法制化する意思はあるのか問うた方が「新生自民党」をアピールすることができたでしょうし、経済戦略も、谷垣氏は財務大臣経験者でもあるのですから、その経験から民主党の経済戦略の危うさを主張し、現在の日本経済を底支えしているのは前政権の自民党のおかげであるとぐらい言えば、「頼れる野党」の評価を得ることができたかもしれません。

鳩山総理もむしろ先に政治の不振を払拭するために企業団体からの献金の全面禁止を今国会で法制化を目指すので、自民党も協力して欲しいとくらい言えば、自民党がそれに反発すれば自民党への悪いイメージをつけることができるわけできたのではないでしょうか?

確かに国会も始まったばかりであり総論的なことしか言えないのかもしれませんが、特に追求する側の準備不足なんでしょうね。政治と金の問題は確かに重要なことではあるけれども、そればかり追求しても民主党政権が国会を解散するとも思えませんし、決して清廉潔白とは評価できない自民党の支持率が上がるとも思えません。それ以外の、特に経済戦略の部分を追求していき、対案を出し、徹底的に議論する方が遠回りのようだが自民党の政権復活の道は近づくのではないかと思います。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。

スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード