web拍手 例の市長の件の一連の発言で気になって点があるのは、(発言そのものは私なんかに言わせれば唾棄されて当然にしか思えないのですが)賛成する意見に共通して流れているようにみえるある考えです。例の市長のブログはコメントを受け付ける仕組みがないので、賛成コメントといっても、エントリされている得体の知れないコメントくらいなのですが、そこに流れているのは「自分だけは刈られる立場にはない」と無邪気に信じ切っているコ..."> 「自分だけは」というのは幻想に過ぎない。 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

例の市長の件の一連の発言で気になって点があるのは、(発言そのものは私なんかに言わせれば唾棄されて当然にしか思えないのですが)賛成する意見に共通して流れているようにみえるある考えです。
例の市長のブログはコメントを受け付ける仕組みがないので、賛成コメントといっても、エントリされている得体の知れないコメントくらいなのですが、そこに流れているのは「自分だけは刈られる立場にはない」と無邪気に信じ切っているコメンター(実在者ならね)の姿です。まるで自分が権力の側にいる人のようです。

いや、そうではないのかもしれません。刈られる立場になる可能性があることを十分に認識しているが故に、自分が刈られてしまう前に他のやつを刈り取れとヒステリックに叫んでいるのかもしれません。
くどく言いますが、この市長の発言は生まれながらの障碍者に向けられたものではありません。
後天的な原因で障碍者になった人や、長生きをした人に対しても向けられた言葉なのです。
つまりだれでも(この市長の言いぐさでは)刈り取られてしまう側になってしまうということです。
なぜこの市長の発言に「当然だ」と賛同ができるのでしょう?明日には我が身かもしれないのに。
それとも日本にはそこまで覚悟を決めた人が多いのでしょうか?

でもね、この市長ここまで考え抜いて発言しているとも思えないのです。その場の受けだけを考えて発言していると思うのです。これなんか自分の発言が見事にブーメランのように戻ってきています。
「元係長は市政転覆企画」 阿久根市長側が準備書面提出(asahi.com)

(前略)竹原市長はこの日までに、元係長について「『職員は市長の命令に服従すべきだ』とする意識がほとんど見られない」「『すきあらば竹原市政の転覆を謀ろう』と企図している」とする準備書面を提出。「人事は行政をつかさどる首長の専権事項。裁判所は首長と対等の立場からその適否を論じる資格を持たない。円滑な行政に必要として行われた以上、適法である」と主張した(後略)


まあ、市政転覆の陰謀論はともかくとして、この市長は市長の命令は絶対であると主張したいようですね。

どんな組織でも上官の命令が間違っていようがどうしようが絶対服従というのは旧日本軍くらいしか思い浮かばない(そういえばこの市長元自衛官でしたね。自衛隊はいまでもそんな組織なのでしょうか)のですが、一方でかって非難された同市長のブログでは
■2008/09/07 (日) 「言う事を聞く」について

世間では理屈の通らない言葉が日常的に使われている。 

人の耳には蓋が無い。従って、音が届く範囲内であれば相手には聞こえる。
にもかかわらず、「言う事を聞け」という言葉を使うのは、意図がありながら、自分勝手な理由で正直に言うのを避けるという幼稚で卑怯な選択をしているという事だと思う。

「言う事を聞け」とは「言いなりになれ」という意味だ。相手の都合を無視した卑怯で無礼な言葉だ。

「聞く耳を持て」とは「自分を安心させろ」という幼稚な態度である。

「言う事を聞く良い子」とは「言いなりになる、考えないか何を考えているか分からない子」ということになる。

 人は多くの場合、「言うべき言葉」ではなく、「言いやすい言葉」を使う。意味を考える事無く、口から音を立てている。本当に乱暴だと思う。

ブタの「ブーブー」、牛の「モーモー」、人間の「人の言う事を聞け」

私には、このような人は牛やブタなどより進化した存在のようには見えない。
進化するためには言葉を大切にする必要がある。ひとつひとつの言葉には複数の意味がある。 良く考えて使うべきだろう。

私には可能な限り皆さんの意見を聞く意思がある。
私のすべての行動は私自信に責任がある。
私は相手が誰であろうが、他人の言いなりに行動するつもりは全くない。

また、私に意見を言われる方も自分自身の責任において発言していただきたい。人としての責任意識が権利の根源である事を知っておいていただきたい。 
責任意識の無い人は自分の権利を支える事も出来ない。良く考えて、他人の噂などで無く、事実に基づいた発言が出来るようになっていただきたい。


と主張しています。
人が自分に向かってああしろこうしろ(この場合は裁判所の勧告であったり市議会の非難決議ですね)ということは相手の都合を無視した卑怯で無礼な言葉だが、自分が人に向かってああしろこうしろということは相手の都合を無視した卑怯で無礼な言葉などではなく市長として当然だということですね。
見事なまでのダブルスタンダードではありませんか。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。

スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード