web拍手 12月18日、水戸地裁で金川真大被告(26)に死刑判決がくだされました。昨年3月、死刑になりたいという理由で、JR荒川沖駅で無差別殺人を行った事件です。事実関係に間違いはなく、それだけが理由でこれほどの大事件を起こした被告は同情される余地はなく、どれほどの非難を浴びても致し方ないといえます。ご遺族、今も肉体的精神的に甚大なダメージを被った被害者の皆さんにとっては当然の判決です。やむを得ないのでしょう。し..."> 土浦通り魔事件の判決 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

12月18日、水戸地裁で金川真大被告(26)に死刑判決がくだされました。昨年3月、死刑になりたいという理由で、JR荒川沖駅で無差別殺人を行った事件です。
事実関係に間違いはなく、それだけが理由でこれほどの大事件を起こした被告は同情される余地はなく、どれほどの非難を浴びても致し方ないといえます。ご遺族、今も肉体的精神的に甚大なダメージを被った被害者の皆さんにとっては当然の判決です。やむを得ないのでしょう。
しかし、です。
こんな身勝手な動機を追認してしまうような、そして彼にこの事件について何の反省もさせることなく彼の希望を叶えてやって良いのか?と思ってしまうことも事実です。
「死刑になりたい」土浦無差別殺人事件判決公判を傍聴(篠田博之の「メディアウォッチ」(The Journal)

12月18日、水戸地裁で金川真大被告(26)に死刑判決がくだされた。昨年3月、死刑になりたいという理由で、JR荒川沖駅で無差別殺人を行った事件だ。判決公判を傍聴し、毎日新聞の依頼を受けて寄稿した。19日付朝刊に掲載された記事は紙面の都合で少し短くなっている。元の原稿をアップしよう。
*   *   *   *   *

 判決公判を傍聴した後、被害者遺族の話を聞いた。家族を理不尽に殺害され、しかも金川真大被告からは一言の謝罪の言葉もない。遺族にとってはやりきれない思いだろう。

 一週間前、金川被告に面会した。私は宮崎勤死刑囚とは十年以上もつきあったし、凶悪事件で犯人とされた人たちと多数接触してきた。流布されたイメージと彼らの素顔にずれを感じることは多いのだが、金川被告の場合はそのギャップの大きさに驚いた。話してみると、ごく普通の青年。事件のことを知らなければ「好青年」との印象さえ持っただろう。

 自我が目覚める高校生の時に、生きることの意味を考え、生きていても無駄だと思うようになった。その年代には珍しいことではない。しかし彼の場合は、無差別殺人で死刑になって死のうと考えた。一般の人間には到底理解できない飛躍した論理だ。   

 早く死刑にしてほしい。法廷で被告がそう主張する光景を、私は以前、奈良女児殺害事件の小林薫死刑囚の裁判で目にした。彼とは約一年にわたって接したが、殺意の認定を含め、裁判で語られている事件経過は事実とかなり異なるのだが、自分はもう死にたいと思っているから、争うことはいっさいしないと言っていた。そし望み通り死刑判決が出ると自ら控訴を取り下げ、刑を確定させた。裁判は茶番だ、とも言っていた。

 その彼の話を聞きながら、私は、自ら死ぬことを望んでいる人間に死刑判決をくだすことが本当に彼を処罰することになるのかという疑問に終始とらわれた。今回も、死刑判決がくだされる法廷でほとんど表情を変えない金川被告の横顔を見ながら、これで彼を裁いたことになるのか、と強い疑問を感じた。

 死を覚悟して小学校で無差別殺傷を行った宅間守死刑囚の場合も、早く死刑を執行せよと、確定後も訴え続けた。宅間・小林両死刑囚の場合は、社会から疎外され追いこまれていく何十年かの人生の中で、生きていても仕方ないという絶望に捉われた。しかし、金川被告の場合は、追いつめられるだけの人生も経験しないまま、死にたいという妄想に捉われて凄惨な凶行に走った。

 家族とも社会ともコミュニケーションの回路を絶たれていたことが、彼を妄想から現実に帰らせる契機を奪っていたような気がする。

 何か少しだけきっかけがあれば、金川被告はごく普通の人生を送っていたのではないか。本人と話してみてそんな印象を抱いた。

 到底理解できない動機で、自らが死ぬつもりで無差別殺傷を行う。そんな事件がこのところ目につく。死にたいと思って殺人を行う人間に死刑判決をくだすことが処罰になるのか。そもそも、人を裁くとはどういうことなのか。今回の金川被告の事件は、まさにそういう問題をつきつけたような気がする。(太字引用者)


死刑制度についてはその執行がいったんなされれば、それが冤罪だった場合に、取り返しが付かないことになってしまう点をもって廃止すべきと考えるのですが、もちろん「江川紹子ジャーナル」が主張するように

(前略)万が一にも罪なき者が命を絶たれるようなことがないよう、執行には慎重でなければならないのは当然だが、冤罪を防止する必要があるのは何も死刑に該当するケースばかりではない。死刑であるか否かを問わず、冤罪は防がなければならないし、誤判の被害者は救わなければならない。再審の扉が固く閉ざされている今の状態は、早く改めてもらいたい。裁判所が、かつての裁判の誤りを認めることがなかなかできないのであれば、再審開始を判断する権限は国民の手に戻してもらい、検察審査会方式で行うようにすればよい。そうすると、今のように再審開始=再審無罪というわけにいかなくなるかもしれない。再審の公開法廷で、最新の科学技術も駆使して綿密な審理を行った結果、改めて有罪が言い渡される事件が出てくるかもしれない。だが、それでもいいのではないか。
 このようにして、冤罪を防ぐ対策を十分に進めることで、「冤罪があるから死刑は廃止すべき」などという意見を退けることができる。本来、冤罪防止と刑罰のあり方は分けて考えなければならない問題が一緒くたにするのは違うのではないか。

のはその通りですが、氏も指摘されているとおり、再審制度が「ラクダが針の穴を通る」ほど再審決定が出ることが難しい制度であることを現在の最高裁判所が追認していて見直す気が全くないようにしか見えない以上、制度としての死刑制度を見直すこともやむを得ないのではないかとも考えます。

死刑制度維持を主張する皆さんの根拠としては、死刑制度があることによる犯罪防止機能をあげています。
普通に考えれば全くその通りではあるのですが、この被告人のような死刑制度自体を悪用するような輩(というよりも私には死刑制度の理念をひん曲げて理解しているとしか思えない。死刑とは別に国家が自殺の幇助をしてあげるという制度ではないですよ)には、何の犯罪防止機能も働かなかったのであり、むしろ死刑制度があることが今回の犯罪を招く遠因になってしまったのではないのかとすら思えてなりません。
大阪ナンバのインターネットカフェ放火事件(被告人は犯行を否認していますが)や秋葉原通り魔事件もおそらく死刑判決が下されていくことになるのでしょうが、私には自殺願望がゆがんだ形で暴発してしまったようにしか見えず、真摯な反省がないまま執行がなされることは、当人達にとって何の刑罰にも成り得ないと思います。
また、現代の個々が孤立しやすくなった社会では、このような暴発を社会がリスクとして背負ってしまったことも事実であり、それに目をつぶり、社会としてのリスクを個々の事例として矮小化して社会から完全に抹殺することが、犯罪防止につながるとも到底思えないのです。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード