web拍手 今日は東京方面は小春日和の一日でした。こんな日よりだったからということではないのですが、午前中最近参加しているフィットネスサークルのイベントに参加してきました。10時過ぎから2時間、格闘技系エアロビクスです。冬にもかかわらず滝のような汗を参加者全員がかいて終了。スタジオを出たときには身体から湯気がでていました。いい感じに汗をかいた後は、食にも気をつけなければなりません。メタボが気になる年頃なればなお..."> 運動をし、料理教室に行き、健康保険について思う。 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今日は東京方面は小春日和の一日でした。

こんな日よりだったからということではないのですが、午前中最近参加しているフィットネスサークルのイベントに参加してきました。
10時過ぎから2時間、格闘技系エアロビクスです。
冬にもかかわらず滝のような汗を参加者全員がかいて終了。スタジオを出たときには身体から湯気がでていました。
いい感じに汗をかいた後は、食にも気をつけなければなりません。メタボが気になる年頃なればなおさらです。
ということで疲れた身体にむち打って、月一回のお料理教室へ出席。
今日は、筑前煮とだし巻き卵です。
091206_160040.jpg
なんと健康的な一日だったんだろうと思っていたら、前総理の麻生太郎が健康のことについて以下のような発言をして、物議を醸し出したことを思い出しました。

2008年11月20日の経済財政諮問会議において、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」「私の方が(多額の)税金は払っている」「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」と、発言していたことが、2008年11月26日に公開された議事要旨から判明した。 この発言は保険制度の概念を軽視し「病気になるのは本人の不摂生(自己責任)のため」と受け止められ、批判を浴びた。


近所のオヤジが言っているなら一理あるとは思いますが、一国の総理大臣が、いや、そもそもいやしくも政治家ともあろう人物が保険制度を全く理解していないことに愕然とした思いでした。

そういえば、先日の事業仕分けで、厚生労働省の医療薬も仕分けの対象となり、騒動になっています。
漢方薬の保険除外に反対署名 事業仕分け、医療界が反発(asahi.com)

政府の行政刷新会議の事業仕分けに対し、医療現場から反発の声が相次いでいる。公的医療保険の対象から外す候補に漢方薬が挙げられたことから、日本東洋医学会など4団体は1日、保険適用の継続を求める陳情書を、約27万人の署名簿を添えて長妻昭厚生労働相あてに提出。削減対象になったほかの医療関係学会などの間でも戸惑いが広がっている。

 事業仕分けで保険から外す対象になったのは、医師の処方箋(せん)がいらない市販薬の類似薬。範囲について刷新会議は「今後も十分な議論が必要」と述べるにとどめたが、事業仕分け用に財務省が作った文書には「湿布薬・うがい薬・漢方薬などは薬局で市販されており、医師が処方する必要性が乏しい」と書かれた。

 同医学会の寺澤捷年(かつとし)会長(千葉大大学院教授)は患者と記者会見し、「同じ漢方薬でも薬局で販売される薬は、安全性を考慮して、有効成分の量が医療用漢方薬の半分に抑えられている」と述べた。

 糖尿病を患い、5年前から2種類の漢方薬を服用している千葉大名誉教授の金子亨さん(76)は「足の血流が悪く、長く歩くと足が痛くなるが、漢方薬のおかげで悪化が食い止められている。保険診療から外れて薬代が高額になれば、治療が続けられない」と保険適用の継続を訴えた。(後略)


確かに身体の管理は自己管理な部分もあることは否定しませんが、一方では遺伝など先天的な事由で病気を患っている肩もいらっしゃることも事実であり、また、西洋医学の薬とは違い、副作用が少ない漢方薬は長期に服用するのに適していることもあるでしょう。刷新会議では「十分な議論が必要」といっていますが、密室で会議されてしまうと国民の意見は最早届かなくなることは過去も往々にしてあったことで、このままでは患者の負担が高くなることを危惧した漢方医学会の対応はやむを得ないものであると評価したいと思います。
健康な身体をもっている人は、生活習慣病にかかることがないように節制をすること、一方でそれでも病気になってしまった場合は安心して治療に専念できる環境を整備することが福祉国家であって、この事業仕分けはそれに反するものです。国民の健康より財政再建という考え方は「友愛」の精神からしても間違っています。
そもそも民主党政権は麻生太郎を非難できる立場になかったのではないかと思う今日この頃です。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード