web拍手 プロレスは好き嫌いが分かれますが、私の幼少期は土曜日の夜は日本テレビ系列で、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスの中継があり、金曜日の夜はテレビ朝日系列でアントニオ猪木率いる新日本プロレスの中継がありました。死んだ祖母もプロレスが好きだったことを覚えています。その後、プロレスって台本がある八百長だよね、とか、地方の試合では両者リングアウトにして、抗争を引っ張りシリーズ最終戦で決着させると行った演出..."> やめときな 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

プロレスは好き嫌いが分かれますが、私の幼少期は土曜日の夜は日本テレビ系列で、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスの中継があり、金曜日の夜はテレビ朝日系列でアントニオ猪木率いる新日本プロレスの中継がありました。
死んだ祖母もプロレスが好きだったことを覚えています。

その後、プロレスって台本がある八百長だよね、とか、地方の試合では両者リングアウトにして、抗争を引っ張りシリーズ最終戦で決着させると行った演出があるよね、なんて話を知るともなく知ってしまいプロレスの挙身が無くなり縁遠かったのですが、大仁田厚率いるFMWがあまりにも刺激的だったこともあって再びプロレスを見るようになりました。
当時は、両者リングアウトということで完全決着はシリーズ最終までつけさせなかったのですが、当時あったFMWとUWFはどんな試合であっても完全決着をさせるということがあり、また、特にFMWは反則負けすらないという当時としてははちゃめちゃなルールを採用していました。特に大仁田厚は「涙のカリスマ」としてプロレスファンから絶大な支持を受けていました。

そんな大仁田厚は、全日本プロレスからデビューし、その後膝の粉砕骨折で引退したのですが、プロレスの夢さめきれず、わずかの資金を元にFMWを旗揚げした、インディープロレスの創始者のような扱いを受けていましたが、その後も引退、復帰を繰り返し晩節を汚したレスラーだと一部プロレスファンから嫌われている人物です。
しかし、非常にマスコミ受けする人物であり、また、努力の人というイメージもあることもあってかって自民党の参議院議員として国政に参加していたこともありました。
その後政界からも、選挙に落選しそうだと見るや、不出馬を表明しマスコミで目立ってからリタイアしていたはずなのですが、かねてより故郷の長崎県の県知事を目指しているという話もありました。国会議員と違い、知事の職というのは米国大統領とも比べられるほど権限がある職であり、国会議員としてはたいした実績もなかった大仁田氏がなれるような職ではないと思えましたので変な噂の類と思っていたのですが、当人は本気だったようです。

大仁田厚氏が長崎県知事選出馬へ=無所属で、2日に正式表明

元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(52)が1日、任期満了に伴う長崎県知事選(来年2月21日投開票)に無所属で出馬する意向を固めた。2日午後に長崎市内で記者会見して正式表明する。大仁田氏自身が1日、各報道機関に送付したFAX文書で明らかにした。
 大仁田氏は同文書で「この一年間たびたび故郷長崎に帰り、多くの問題に触れてきた。地元で働く若者たちや地場企業、若手経営者の皆さまの苦しい現状や未来の見えない地方のくらし、今の県政に対する不満など、不透明な県政!」などと訴え、2日に出馬表明する意向を示した。 



まあ、千葉県の疑惑もりもり知事とか、宮崎県の淫行・弟弟子暴行疑惑知事や大阪府知事の活躍を見ていれば、マスコミで目立つのが知事の仕事と勘違いしてもおかしくないでしょうね。
そしてこれらの知事に共通するのは新自由主義的性格を持ち、かつ、極めて強圧的なポピュリスト的な政策をすることです。

本来はこのような性格の人物は、選挙に出馬しても「にぎやかし」みたいなものだったのですが、最近では、既存政党への批判が強いこともあって首長になるケースが増えてきています。

とはいっても既存の政治家・政党がが信用できないからといって、大仁田氏のような国政で何の活躍もせず、めだつことしか考えていない人物を県政の責任者とすることはあまりに危険です。
FMW時代も社長を退いてからも創業者づらして復帰し、当時の社長を苦しめるだけ苦しめて挙げ句の果てに、社長を自殺に追い込んだという話が出たくらいの人物です。所謂「一将功成りて万骨枯る」を絵に描いたような人物で、この人物がトップに立つようなことは百害あって一利無しといえるでしょう。

さすがに長崎県の皆さんは賢明な判断をすると思いますが、いまの中央政界のように、「自民党が駄目なので、民主党に期待したが民主党も自民党と50歩100歩だ。既存の政党はこんなものだ」などという考えが浸透するようなことがあると大仁田氏のような人物でも知事になりかねないと思います。そしてそれは極めて簡単な言葉で大衆を扇動するヒトラー的な人物の台頭を許すことになりかねないと当ブログは考えます。

そうおもえばこれは単なる1県の知事選の問題ではなく、今後の日本を左右する知事選になりかねないことだと考える必要があるのかもしれません。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード