web拍手 事業仕分けでムダをあぶり出すことは重要なことで、しかもそれが公開の場でなされることは納税者にとって意味があることです。しかし単に資金を浮かせるだけでは意味がない。浮いたお金を何に国として投資するのか?それはなぜなのかを国がはっきり示さなければ、今やっていることは単なる経費削減の行為に成り下がってしまいます。ただでさえ来年度の税収の減少が見込まれている中、国が資金供給しないことはさらなる消費の冷え込..."> 将来像が無いままの削減は、結局新自由主義の道を開く 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

事業仕分けでムダをあぶり出すことは重要なことで、しかもそれが公開の場でなされることは納税者にとって意味があることです。
しかし単に資金を浮かせるだけでは意味がない。浮いたお金を何に国として投資するのか?それはなぜなのかを国がはっきり示さなければ、今やっていることは単なる経費削減の行為に成り下がってしまいます。
ただでさえ来年度の税収の減少が見込まれている中、国が資金供給しないことはさらなる消費の冷え込みを招く危険性があります。

ましてや教育関連予算を大幅に削ることは、子供達の教育の機会を奪うことになり、一部の金持ちでなければ満足な教育を子供達に授けることができなくなってしまう危険性があります。そうなれば格差が世代をまたがって発生することになり、格差社会が固定することになりかねません。

私が子供の頃は、日本は資源が少ない国であり、今の繁栄は技術立国として国が発展したためであるなどと教わったものですが、スーパーコンピュータに係る経費も、「投資に対して収益が見込めない」事を理由に削減されそうに事業仕分けでなりそうになっていますが、これなども、日本が引き続き技術立国として進んでいくことを現政権が放棄したとでもいいたくなるようなことです。

確かに、我々はムダをあぶり出して欲しいと望んだのではありますが、それは、旧大蔵省のノーパンしゃぶしゃぶ接待であったり、道路ミュージカルであったり、道路公団のカラオケセットであるといった明らかなムダを省いてくれといっているのであって、私企業が積極的にやりたがらない、すぐに実績が出ないような研究や、引きこもりニートの相談施設を削除してくれとまでは言っていないわけです。
何が何でも削除する必要があるのであれば、施政者は今後この国をどうしていきたいのか将来像を明らかにする責任があるでしょう。

結局いま事業仕分けで行われていることは、小泉政権下での「骨太の方針」そのものを我々の生活全てに拡大させるものであって、このままではようやく後退させた新自由主義的な考え(本来国がするべき事まで民間に払い下げをなし、富の不平等な再分配をなした)がさらに激しく我々を襲ってくると思われます。

そんな中、ようやく菅直人副総理が異論を述べたことは評価できます。
菅副総理、スパコン復活に前向き 事業仕分けに異論!

菅直人副総理・国家戦略担当相は20日の衆院内閣委員会で、行政刷新会議のワーキンググループ(WG)による事業仕分けで「凍結」と判定された次世代スーパーコンピューター開発について「スパコンは極めて重要であり、もう一度考えなければならない」と述べた。WGの判定を覆し、平成22年度予算の概算要求額(約267億円)に沿った予算措置を前向きに検討する考えを表明したものとみられる。
(中略)
 科学技術担当相を兼任する菅氏は「(WGの)事業仕分けは最終結論ではない」と指摘。また、仕分け作業の会場である財務省所管の独立行政法人、国立印刷局市ケ谷センターが仕分けの対象外となっていることについて、「対象からわざわざ外す必要はない」と主張した。


まあどうでも良いことですが、報道では仕分け人は事前に財務省からレクチャーをうけ、該当事業の質問をしているということで、財務省主導だとの批判もありますが、自分の所管の独立行政法人を仕分けの対象外としているということを考えるとその批判も当然といわれてもしょうがないでしょうね。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード