web拍手 鳩山政権で初めての試みの事業仕分けが始まりました。激しいやりとりが始まっているようです。事業仕分け 飛び交う怒声、矢継ぎ早の質問に官僚も反撃(産経新聞)国の予算の無駄遣いを洗い出そうとする「仕分け人」と、虎の子の事業や組織を死守しようとする官僚たち。11日、完全公開で始まった政府の行政刷新会議による事業仕分け作業は、ときに怒声が飛び交う激しいやりとりが展開された。 ■聞こえません! 仕分け作業の会..."> 異論反論大いに結構 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鳩山政権で初めての試みの事業仕分けが始まりました。
激しいやりとりが始まっているようです。

事業仕分け 飛び交う怒声、矢継ぎ早の質問に官僚も反撃(産経新聞)

国の予算の無駄遣いを洗い出そうとする「仕分け人」と、虎の子の事業や組織を死守しようとする官僚たち。11日、完全公開で始まった政府の行政刷新会議による事業仕分け作業は、ときに怒声が飛び交う激しいやりとりが展開された。

 ■聞こえません!

 仕分け作業の会場となったのは、国立印刷局の体育館。普段はバレーボールやバスケットボールのコートなどとして使われている。約1600平方メートルの会場を、3つのワーキンググループ(GW)ごとに区切り、計300の傍聴席を設けた。

 午前9時半、一斉に作業を開始。が、突然、第3作業グループを傍聴していた高齢の女性ら数人が「全然聞こえません!」と声を上げた。傍聴者にはレシーバーで聴いてもらう仕組みをとったが、レシーバーが行き渡らなかった傍聴者から不満の声が出たのだ。結局、同日午後には事務方が陳謝し、スピーカーでアナウンスする方式に変えた。

 騒然とした雰囲気の中で始まった議論で、仕分け人は官僚側に「事業に成果はあるのか」「法人理事に役所のOBはいるのか」などと矢継ぎ早に質問した。

 ただ、文部科学行政を判定するブースでは、興味ないのか、自分のパソコンでインターネットの書き込みに興じる仕分け人の姿もあった。

 ■私の話も聞いて

 その文部科学省の所管事業を担当した第3ワーキンググループ。国立青少年教育振興機構と教員研修センター、国立女性教育会館の3施設の予算が俎上(そじょう)に乗った。いずれも、自民党政権時代に整理合理化が検討されたものの、文教族の反対でうやむやになった施設だ。

 口火を切ったのは財務省の主計官だ。

 「教員研修センターは国が教員を1カ所に集める必要性は低下している。女性教育会館は議論を絞り込む必要がある」

 蓮舫参院議員が「女性教育会館の稼働率は?」とたたみかけると、同館の女性理事長は「44%…」と小さな声で答えるやいなや反撃に転じ、「私の話も聞いてください。一方的にただ質問に答えろというのは心外だ」と声を荒らげた。

 仕分け人の統括役の枝野幸男衆院議員は「目的を話したい気持ちはわかるが、(事業としての)効果があるかどうかだ」と切り捨てた。結局、女性会館は予算削減、教員センターと青少年機構は「地方か民間へ委託」との結論になった。

 ■“大物”めぐり攻防

 事業評価手法の見直しにとどまった道路整備事業でも仕分け人側と所管する国交省担当者との間で熱い議論が繰り広げられた。

 「無駄が多い」との批判がつきまとう道路整備事業は仕分けの対象事業の中でも“大物”だ。仕分け人の関心は事業評価の仕組みに集中した。仕分け人からは「継続中の事業においても事業評価を行うべきだ」「安全性などに配慮しすぎるあまりコストが高くなっていないか」「景観や環境への影響も評価に入れてはどうか」との厳しい質問が投げかけられた。

 ただ、国交省側の担当者も打たれっぱなしではない。新規事業の凍結などで22年度予算の概算要求で道路整備費を前年度比約20%削減した実績を盾に反撃を開始。「今後は老朽化などで維持修繕費用が膨らむ」と訴え、「引き続き事後評価の厳格化やコスト縮減に取り組んでいく」との姿勢を強調して国交省ペースに引き込むなど、仕分け人の切り込み不足が露呈する場面もみられた。


やり方自体にはかなり荒っぽいような雰囲気も感じますが、自民党政権下では殆ど議論にならなかったことがこうやって一般に公開されること自体は、納税者の意識を高めることにもなり極めて有意義なことだと思います。
思うに納税者は「いくら納税するのか?」ということには興味がありましたが(もちろんそれは大切なことだし当然のことですよ)、それが何に使われているのかには無頓着だったところもあります。
納税の義務とは言いますが、納税する限りは何に使われているのか、それがどういう事業なのか徹底的にチェックする権利もあって、本来は権利と義務は表裏一体のものであるはずでした。
徹底的に議論している姿を見て各々が様々な感想を持つことがまずは重要なことであると思います。

そういえば国会には予算委員会がありますが、その反対の決算委員会というのもあるのですよね。
最近読んでいる「財政の基本がわかる本」(岩波ジュニア新書)に書いてありました。
お金を使った話なので殆どニュースにもならない委員会なのだそうですが、一般企業では決算が重視されているのは常識といってもよいでしょうから、その点からも国家財政というのは一般の感覚では理解が難しいものだと言うことがわかります。
しかし事業仕分けをするためにはどういう決算がなされ、それがどのような収益(お金だけではなく国民の福祉にとっても)を生じることができたのかが理解されなければいけないはずで、今後の事業仕分けではそういう観点からの解説・説明が多くなればいいなと思います。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード