web拍手 以前のエントリでかきましたがhttp://aldente512.blog63.fc2.com/blog-entry-42.html死刑の適用には慎重であるべきでしょう。本当ならば取り返しが付かないことになってしまいました。飯塚事件で再審請求=DNA鑑定「判定誤り」?足利と同じ手法・福岡地裁(時事通信)福岡県飯塚市で1992年、小学1年の女児2人が殺害された飯塚事件で、死刑が執行された久間三千年元死刑囚=当時(70)=の妻(62)が28日、福岡地裁に再審請求した。..."> やはり慎重であるべきだ 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

以前のエントリでかきましたがhttp://aldente512.blog63.fc2.com/blog-entry-42.html
死刑の適用には慎重であるべきでしょう。本当ならば取り返しが付かないことになってしまいました。

飯塚事件で再審請求=DNA鑑定「判定誤り」?足利と同じ手法・福岡地裁(時事通信)

福岡県飯塚市で1992年、小学1年の女児2人が殺害された飯塚事件で、死刑が執行された久間三千年元死刑囚=当時(70)=の妻(62)が28日、福岡地裁に再審請求した。同事件では、再審が開始された足利事件と同じ手法で行われたDNA型鑑定が証拠として採用されており、鑑定結果に対する判断が注目される。
 弁護団は、「捜査段階の鑑定は血液型やDNA型の判定を誤っている」などとする専門家の鑑定書を提出。「久間元死刑囚と犯人とは一致せず、無実は明らか」として再審開始を求めた。
 鑑定を行ったのは、足利事件の再審開始を認めた即時抗告審でDNA型再鑑定を行った本田克也筑波大教授。犯人の血液が付着した当時の資料は使い切られて再鑑定ができず、弁護団は7月、元死刑囚の遺品や遺族の口の粘膜を本田教授に提出するとともに、鑑定手法の検証も依頼していた。


再審請求はそれが認められることが極めて難しい請求ですので、どうなるのかは予断を許しませんが、仮に冤罪であるということが判明した場合取り返しが付かないことをしてしまったこととなります。
昨今は凶悪犯罪について厳罰を求める世論が高まっています。しかし人間が捜査し、鑑定する以上何らかの間違いが発生することはやむを得ないところもあります。過ちが判明した場合、裁判がやり直せることが制度上確保されるべきであって、死刑制度はいったん誤ってなされると取り返しが付かなくなってしまう以上、死刑制度を含め刑罰制度の見直しがなされるべきです。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード