web拍手 鍵コメントを頂きました。暖かいお言葉ありがとうございます。勇気づけられます。人それぞれこのような状態に至る経緯は千差万別で、私なんかはむしろ恵まれているのかもしれません。滅多にない(もうこれっきりにしたいですが)経験です。「状況を楽しめる」余裕はなかなか持てませんが、人事との折衝を楽しんでみたいと思っています。金曜日2回目の折衝でした。会社側からは人事と直属の上司計2名。いつもの顔ぶれです。会社「そ..."> 第2回目折衝 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鍵コメントを頂きました。
暖かいお言葉ありがとうございます。勇気づけられます。
人それぞれこのような状態に至る経緯は千差万別で、私なんかはむしろ恵まれているのかもしれません。
滅多にない(もうこれっきりにしたいですが)経験です。
「状況を楽しめる」余裕はなかなか持てませんが、人事との折衝を楽しんでみたいと思っています。

金曜日2回目の折衝でした。
会社側からは人事と直属の上司計2名。いつもの顔ぶれです。

会社
「その後の検討の結果はどうか?」

「突然のことで、困惑している。妻や信頼できる人間に相談している。」
「確認したいが、これは指名解雇ではないのか?退職勧奨という理解で良いのか?」
会社
「あくまでも退職勧奨である。あなたは指名解雇の要件を満たしていないので指名解雇は出来ない。」

「退職の場合、特別退職金を出すとのことだったが、通常退職金はどうなるのか?私の場合は
いくら支給されるのか?退職する場合当面の活動費である。確認をしたい。」
会社
「本日確認して連絡するので確認されたい。なお現時点では退職は11月での退職ではなく本年末日付けとなる。」
「このまま会社に残るとしてもあなたには今の給与水準は維持できない。退職後の就職支援として
支援会社を斡旋する。必要であればガイダンスを受けられたい。」

「まだ態度を決めかねているのでガイダンス云々についても返答はできない。検討させて欲しい。」
会社
「承知した。再度来週話をしたい。」

前回は30分ほどでしたが今回は15分ほどで終了しました。
先週と話がかぶっている部分も多く、会社としてはこれ以上話すことも無いと言うことなのでしょう。

この2回を通じてわかった点は、
会社としては私が残ると決断すれば席を準備するしかないということ。
11月末の退職が出来ないということは11月の早い段階で決断を迫られる可能性が高いということです。
ということは今の事態も(結論はどうであれ)終焉が見えてきたといえるように思えます。

結論は出ています。
将来的に会社を去るにしても、独り身ならまだしも家庭のアルミで次のあてもなく去るわけにはいきません。
プライドなんて言っている場合ではありません
席が残る可能性も十分にある以上残るべく会社と話していきます。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード