web拍手 久しぶりの更新です。橋下徹大阪市長ネタです。あまりに受けてしまったので記憶として残すことに。結局原発稼働を求める財界には勝てなかった。というより、関西財界の顔色を見て、市民の反応を読み切った上で再稼働容認と立場を変えたのでしょう。ただ、無条件とすると、市民からの反発が大きい。だからブレーンの飯田哲也あたりにこれは戦略的なことだ。一部撤退することで相手にもダメージを与えたと言わせているのでしょう。こ..."> 脱原発だった人 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

久しぶりの更新です。
橋下徹大阪市長ネタです。

あまりに受けてしまったので記憶として残すことに。

結局原発稼働を求める財界には勝てなかった。というより、関西財界の顔色を見て、市民の反応を読み切った上で再稼働容認と立場を変えたのでしょう。
ただ、無条件とすると、市民からの反発が大きい。だからブレーンの飯田哲也あたりにこれは戦略的なことだ。一部撤退することで相手にもダメージを与えたと言わせているのでしょう。

この人、舌先三寸だけで生きてきた人のようですけれども、自分の言葉に復讐されることを望んでやみません。

詐欺師?・橋下徹・大阪市長が似非脱原発思想だった頃の過去ツイート一覧


猛暑の数日間以外、日本の電力はあり余っている。電力が余っている状況下で、火力発電から原子力発電に変えていくのかどうか。こういう論点で議論しなければならない。火力発電と原子力発電、それぞれのメリット・デメリットを厳密に比較。「電力が足りない」というプロパガンダには騙されてはいけない
t_ishin 2011/06/26 10:58:39

電力が足りないから原発必要とはごまかし。火力を原発に変えていくかどうかの論点。政府や電力会社は原発に変えていきたい。電力会社としては事故さえなければ非常に効率的な経営ができる。ただエネルギー安全保障も絡んでくる。しかし大きな対立価値として原発リスクの低減というものがある。
t_ishin 2011/06/26 10:49:11

電力が足りないから原子力というロジックに乗ってはいけない。夏の数日のピークカットができれば年間を通しての電力はあり余っている。産業での節電など全く要らない。太陽光発電は安定供給に使うのではない。ピークカットに使う。そして電力は足りているという状況下で、冷静に電力供給源を考えるべき
t_ishin 2011/06/29 09:09:18

原発依存度を下げるために進んで行くのか、できれば原発は0にしていくのか、それとも原発を日本の重要な電力供給源として推進していくのか、方向性は2つに一つ。細かな議論に陥る前に、まずどちらに向いて進むのかを決めなければならない。それがトップ、政治家の仕事。
t_ishin 2011/07/15 07:34:43

昨夏も今冬も、あれだけ電気が足りないと電力会社は喧伝しながら、結局安定供給です。今、関西は原子力発電は0状態ですが、安定供給状態です。いったいどれくらい足りないのか真実はやぶの中です。そうすると②電力会社の儲けのための原発政策かと疑ってしまいます。
t_ishin 2012/03/22 16:37:30

カネが足りないから増税、電力が足りないから原発再稼働。これは行政的発想。本来のあるべき論を目指す、そのための体制変更を目指すのが政治だ。仮に増税するにしても、仮に原発を動かすにしても、どのような体制変更をするのか。そこをまず固めるのが政治だ。将来の方針を固めて現実の行動を起こす。
t_ishin 2012/04/09 09:12:09

そうするとベース電力として原発をどう位置付けるか、これまでのコスト論の見直しが必要だ。まとめると、仮に原発がなくなったとしても、ピークカットや蓄電技術の革新で、電力総供給量は十分賄える。国際戦略総合特区で企業を埋めても21万キロワットの増加だ。ガスタービン火力一基分にも満たない。
t_ishin 2012/04/15 08:42:20

ただし産経社説のように電力確保の責任を放棄する無責任な振る舞いは許されない。ゆえに僕は自分の考えた方針を関西府県民に説明し、夏の不便を我慢してもらおうと思う。産業や病院、体調のすぐれない方などには配慮し、そうでない府県民の皆さんには我慢してもらおうと思う。
t_ishin 2012/04/21 00:45:43

目の前のコストよりも、地震多発の島国日本国家がどういう電力供給体制を新しく構築するのか。こちらの議論をしっかり詰めることが必要。そしてこういう大きな政治的な動きは、これまでの流れを一度断ち切らないと動かない。これが現実の政策実現プロセスだ。
t_ishin 2012/05/04 11:12:35

電力供給体制の変更への挑戦、新しいエネルギー社会への挑戦、現在の放射能リスクの基準を基にした原発リスク、何と言っても使用済み核燃料の処理問題、これらを考えれば国家経済は少し後回しにしてでも、新しい第一歩を踏み出すべきだと思います。それには凄まじい断絶エネルギーが必要です。
t_ishin 2012/05/11 02:21:46

スポンサーサイト





このコメントは管理者の承認待ちです
この記事へコメントする















-
管理人の承認後に表示されます...
民主・自民・公明党が税と社会保障の一体改革の協議に入ったが、 自民は最低保障年金等の撤回を主張し、民主は最低賃金等マニフェストは譲れないと主張し、事実上平行線だという。 ここから話し合いがどう進... ...
Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード