web拍手 本格的な夏になり、以前より政府と東電により喧伝された「節電の夏」が始まったわけです。私の会社もご多分に漏れず節電を求められていて、エアコンの設定温度は高めだわ、照明は間引きされるわ涙ぐましい努力をしています。また、個人でもエアコンを使うことを自粛しています。各人・各社の努力の甲斐もあって東京電力管内は停電は何とか回避できるような状態です。むしろ問題は発電量の原発依存率が5割ある関西電力管内であって..."> 勇気を持って電気をつけよう 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

本格的な夏になり、以前より政府と東電により喧伝された「節電の夏」が始まったわけです。
私の会社もご多分に漏れず節電を求められていて、エアコンの設定温度は高めだわ、照明は間引きされるわ涙ぐましい努力をしています。また、個人でもエアコンを使うことを自粛しています。各人・各社の努力の甲斐もあって東京電力管内は停電は何とか回避できるような状態です。
むしろ問題は発電量の原発依存率が5割ある関西電力管内であって、その状態に追い打ちをかけるように稼働中だった原発が停止する事態になっています。
asahi.com(朝日新聞社):大飯原発1号機停止へ 冷却装置トラブル 16日夜にも - 社会

関西電力は16日、大飯(おおい)原子力発電所1号機(117万5千キロワット、福井県おおい町)を手動停止する、と発表した。緊急時に原子炉の炉心を冷やすために使うタンクの圧力が下がるトラブルがあり、原子炉を止めて原因を調べる。早期の再稼働は困難で、関西の夏の電力需給はさらに厳しくなりそうだ。

 関電によると、トラブルが起きたのは、事故時などに冷却水を注入するために複数設置されている「蓄圧タンク」の一つ。15日午後10時46分に異常を知らせる警報が鳴り、圧力を確認したところ保安規定上の制限値を下回っていた。すぐに復旧したが、圧力が低下すると緊急時に冷却水を注入できなくなる恐れがある。

 安全確保のため、16日午後1時ごろから出力を低下させる作業に入り、午後9時ごろには原子炉を停止する。タンクの安全弁の不具合の可能性があり、トラブルによる環境への影響はないとしている。



もちろんそんな事態を想定したわけではないのでしょうが、余裕の出てきた東電はこのようなことを言い出し始めています。
東電副社長「他社に電力融通検討」 夏乗り切りにメド 2011/7/12 2:09 日本経済新聞 電子版

東京電力の藤本孝副社長は11日、日本経済新聞のインタビューに応じ、1日から実施されている電力使用制限令に基づき「同じ気温でみた場合に10~15%程度電力使用量が減り、夏場は乗り切れるメドがつきつつある」と指摘した。その上で、東電よりも需給環境が厳しい西日本の電力各社に対し「要請があれば、応援融通を検討しなければならない」と述べた。


いや、もちろん結構な話ではあるのですが、その東電の管内では節電の影響の上昨年以上の暑さがたたり熱中症による事故が昨年以上に発生しているとのことです。ブルームバーグの記事を紹介します。
熱中症による国内死者数、昨年の4倍に-エアコン利用自粛で危険増大

7月13日(ブルームバーグ):熱中症による国内死者数が前年比で4倍に増えている。夏場の停電を避けるために政府が節電を訴える中、家庭ではエアコンの使用が控えられている。

  総務省消防庁によると、最新データでは6月1日-7月10日の期間に26人が熱中症で死亡。前年同期は6人だった。救急車で病院に搬送された人は3倍余り増の1万2973人で、うち48%は65歳以上だった

  日本救急医学会で熱中症に関する委員会の委員長を務める昭和大学病院の三宅康史准教授は「特に日常生活においてエアコンを使わないと、その裏返しで熱中症患者が増える危険性がある」と指摘。高齢者は我慢しようとするため特に危ないと語った。

  気象庁気候情報課の高山大予報官によると、6月21-30日の10日間の関東、東海、北陸を含む東日本の気温は過去30年の平均よりも3.8度高く、少なくとも1961年以降で最高。同期間の東京の平均気温は26.4度で、向こう数週間は平均を上回る気温が予想されている。

  3月11日に東日本大震災が発生して以後、国内では安全点検のため原子炉54基のうち35基が稼働を停止したため、総発電能力は11%減った。夏の気温が平年よりも高い中での節電努力は、熱中症により過去最高の1718人の死者が出た昨年同様の事態が繰り返される恐れがある。


東電は電力融通をする前に他にする事があるように思うのですが。
健康に影響が出て、万が一のことに至ったとしても東電が何か保証してくれるわけではないのですから、高齢者は堂々とエアコンを使用するべきだと思います。
しかし危惧するのは、過度の節電がなされているのではないかと思われることです。
たとえば石原慎太郎が非難した夜の自動販売機の節電とか。
そんな中このような事故も起こっています。
首都高速で事故、3人死傷=節電で暗く「気付かず追突」-東京(jiji.com)

8日午前2時35分ごろ、東京都江戸川区西一之江の首都高速小松川線下り線で、停車していた乗用車に後続のタクシーが追突した。乗用車のタイヤ交換作業をしていた男性3人がはねられ、千葉県市原市の会社員(51)が死亡、40代と60代の会社員が足を骨折するなど重傷を負った。
 警視庁高速道路交通警察隊は、タクシー運転手(61)=板橋区常盤台=を自動車運転過失傷害などの疑いで現行犯逮捕。同隊によると、容疑を認め、「周囲が暗かったため、直前まで前方の車に気付かずに追突してしまった」と供述しているという。
 現場周辺には街灯が設置されていたが、福島第1原発事故などを受けて、節電のため消灯していたといい、同隊が事故との関連を調べている。(2011/07/08-12:31)(原文には被害者・被疑者の名前がありましたので削除しました)

もちろん、節電により街灯が消されていたことだけが事故の原因とはいわないにしても何らかの悪い影響が出たことは間違いないでしょう。しかしそもそも夜間の電力は余裕があるといわれており、無理に街を暗くする必要はないのです。

過剰な節電の影響はこんなところにも影響が出ています。
街灯消えひったくり急増 節電で広がった闇に紛れ… 2011.5.18 23:55 (MSN産経ニュース)

東日本大震災直後、東京都内で空き巣が減少する一方、ひったくり事件が急増し2カ月で約330件に上っていることが18日、警視庁捜査3課の調べで分かった。計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることを悪用したとみられるケースもある。被災者支援の募金箱を盗むなど震災に乗じた悪質な犯罪は後を絶たず、同課で取り締まりを強化している。

 同課によると、ひったくりの発生件数は震災が発生した3月11日~4月10日の1カ月で約180件。震災前の2月12日~3月10日の約130件と比べると約50件増えた。その後の1カ月(4月11日~5月10日)は取り締まりの強化などで約150件と前月比2割減となったが、依然として震災前を上回ったままだった。

 夜間の犯行が多く、バイクや自転車で路上を歩く高齢者から追い抜きざまにバッグなどを奪う手口が目立つ。主に足立、世田谷、江戸川区で多発し、連続ひったくり事件も発生。足立区では3月17日午後9時20分ごろと約10分後の2回、通行人が2人乗りバイクにバッグをひったくられた。

 食料や水の買いだめなどで現金を多く持ち歩くケースが増えていたことから、10万円以上の高額被害が際立っている。

 コンビニやレストランに被災者支援のため置かれた募金箱が盗まれる事件も各地で後を絶たない。都内だけでも4月20日までに約20件(被害総額約18万円)が確認されている。

 ただ、阪神大震災の際には東京でひったくり事件の増加は確認されておらず、立正大学の小宮信夫教授(犯罪社会学)は「不景気などの社会不安に震災という要素が加わり犯罪が増えていると考えられる」と分析している。

 一方、同じ窃盗事件でも空き巣などの侵入盗は減少傾向。震災後の外出自粛ムードなどで留守宅が減った上、地震や東京電力福島第1原発事故で外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響もあるとみられる。

 同課によると、千葉県などで空き巣を繰り返していたとして4月に窃盗容疑で逮捕された中国籍の男は「帰国しようとしたが、出国する外国人らで混雑し、航空運賃も高騰していたため帰れなかった」と供述したという。

なんとしても外国人の犯行が多いことを印象づけようとする姿には苦笑を禁じざるを得ませんが、夜間のひったくりが東電管轄内で増えていることは、「不景気などの社会不安に震災という要素が加わ」っているにもかかわらず、それを後押しするように電力が余る夜間に無意味な節電をしているからではないのでしょうか。
ことは犯罪だけではない。日本の道路は障碍者に優しくないわけで、弱視者にしてみればたとえ慣れている道であっても街灯が消えていると、それだけで夜間外出をすることが不可能な事態になりかねません。
ある調査によれば電力は原発を止めても十分賄うことができるという考察もあります。それが妥当な結論なのかどうかは私には解りませんが、過度の節電を是とする風潮がむしろ社会不安をあおっている。私にはそう見えます。また、節電をしない輩は非国民だとさえ見られかねない風潮は地震後の「日本は一つ」といったスローガンとも相まって、戦前戦中の「ほしがりません勝つまでは」というスローガンを彷彿とさせます。暗い街は暗い社会を作るのかもしれません。
「勇気を持って電気をつけよう」ではありませんか!!
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード