web拍手 最近の右翼はこんなのばかりなのでしょうか?それともこの人たちが特別にバカなんでしょうか?曾野綾子と渡部昇一のことです。Transnational Historyからお持ち帰り。WILLなんて右翼雑誌まず読むことがないので、紹介いただいたdj19さんに感謝いたします。 曽野綾子「東電に責任はない」「放射線の強い所は、じいさんばあさんを行かせればいい」 『WiLL』6月号 ●昇一先生の美女対談 不幸からの贈り物が日本人を鍛える (..."> みんなそろって福島へ 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

最近の右翼はこんなのばかりなのでしょうか?それともこの人たちが特別にバカなんでしょうか?
曾野綾子と渡部昇一のことです。

Transnational Historyからお持ち帰り。
WILLなんて右翼雑誌まず読むことがないので、紹介いただいたdj19さんに感謝いたします。

曽野綾子「東電に責任はない」「放射線の強い所は、じいさんばあさんを行かせればいい」

『WiLL』6月号

●昇一先生の美女対談

不幸からの贈り物が日本人を鍛える (渡部昇一、曽野綾子)

(前略)

過剰な原発アレルギー

曽野 「こんなにひどい津波は見たことがない、一千年に一度の災害、と言われていますが、予想の範囲を超えていて、誰にも責任はないことをハッキリしないといけません。その代わり、決められていたよりも手を抜いてつくられていたものに対しては、厳罰を下す。そこを分けて考えないと、誰もやる人がいなくなります。

 私は水力発電のことしか知りませんが、建設には仕様書があって、どこまでの事態を想定するのか、決壊したら何トンの水が何分後にどこに到達するのかが考慮されています。しかし、それを考えるのは東電ではありません。そもそもの想定が甘かったなら、責任は東電ではなく設計側にあります。」

編集部 「天災には文句が言えないので、東電がスケープゴートになっている面がありますね。」

(中略)

渡部 「過剰な原子力・放射能アレルギーのある日本社会のなかで、これだけの原発を建設した人たちは偉いと思う。今となっては、これ以上の地震がきても耐えられるように、より頑丈にするから応援してくれ、というしかないでしょう。」

(中略)

ここまでだけでもくらくらします。
曾野綾子の「私は水力発電のことしか知りませんが、建設には仕様書があって、どこまでの事態を想定するのか、決壊したら何トンの水が何分後にどこに到達するのかが考慮されています。しかし、それを考えるのは東電ではありません。そもそもの想定が甘かったなら、責任は東電ではなく設計側にあります。」というのは凄い。
そういえばマンションの耐震偽装事件では設計した側だけではなく、販売した側も世間に糾弾されたわけでしたが。
そもそも設計側がどれだけ事態を想定した設計をしてもそれを拒否できるのは東電だし、建設後も追加の対策もできたでしょう。どれほど津波の危険性を指摘されてもそれを無視して運転していたのはどこの誰なのか?まさかそれまで設計側の責任にはできますまい。
対談は続きます。

瓦礫を薪にして暖を取れ

曽野 「原発や被災者支援などに対するマスコミの質問もおかしかったですよ。「明日はどうなるんですか」「物資は公平に配られていますか」ですって。もうやめてもらいたいですね。この非常時に、予定どおりの明日がくるなんて誰にも分からない。

 そして、電気が消えた時点で、民主主義というものは停止するんです。公平も平等も機能しないんです。それがわかっていない。もっとひどいのは、「その委員会はいつ立ち上げたんですか」。緊急の時に過去のことなんか聞くな、でしたね。

 私は報道に関しては、あれだけの地震や津波の映像をきっちり記録してすぐに国民に知らせたり、原子力保安員や東電がきちんとぺーパーをつくって毎日現状報告をしていることは、すばらしいことだと思う。」

(中略)

曽野 「私は、未だに答えのない疑問を持っているんです。「避難所が寒くて凍えそうだ」「低体温症で体調を崩している」「温かいものが食べられない」という報道がありましたが、あれはなぜ? そこらじゅうにあんなに薪があるじゃないですか。瓦礫の処理が大変だと言っていますが、どうして木片は燃やさないんですか。

 同じ高さの石を三つ積めば竈(かまど)ができるんです。そこに、あれだけ燃やすものがあるんだから、あとはどこからか鍋を拾ってくればいい。私だったら、あそこで薪を集めて食事をつくります。」

(中略)
日本人は立派すぎる

(中略)

渡部 「日本が立派すぎるんだな。」

曽野 「ほんとうにそうなんです。そこがいいところではあるんですが、甘さにもなる。だから、ゲリラ学を教えたいんです。

 もう一つ言うと、私は定年制には大賛成で、ある程度、歳がいった老人は黙ってろ、と思うんです。けれど、世の中には実にたくさんの体験を持つ高齢者がいらっしやる。今回のような場合、そういう人たちの知恵を暫定的にどんどん使えばいいと思う。

 放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない。私も行きますよ。もう運転免許は失効していますが、あそこは私有地だから無免許でも構わないでしょう(笑)。

 ほうれん草からヨウ素が出たときも、ある人が「五年後に症状が出るなら、そのころは八十五歳だからちょうどいい」なんて言っている人がいました。」

渡部 「養老院で使うとかね。」

曽野 「かえって元気になるかもしれません(笑)。水道水だって、ヨウ素は八日経てば半減するんでしょう。私は空き瓶に水道水を詰めて日にちを書いておくことにしました。飲まないでいるうちに八日以上経ちましたから、もういいはずですね。」

(以下略)


民主主義が電気に依拠しているとはしらなんだな~(哄笑)
計画停電がこの春あったわけですが、計画停電区域はその瞬間民主主義の論理が働かなかったわけですな。
避難所のどこで火をたけというのか。
外で火を燃やしても避難所が暖まるわけでもありますまい。
それからどこからか鍋を持ってくるのは泥棒ですセンセ。
そして最後の最後には「放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。」
えっと率先垂範です。健康にもいいかもしれないとのことですし、こんなところでヨタ話をしている暇があれば、さっさとお二人で行ってください。「私も行きますよ」と言ってるんだから。

ついでにこの人も連れてってください。お願いします。
福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相(時事ドットコム)

与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。
 今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。(2011/05/20-11:12)

三人寄れば文殊の知恵といいます。日本でも稀代の知性の持ち主の三方が現地に行けばきっとすばらしい解決が見つかることでしょう。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード