web拍手 この人たちの頭の中には「是是非非」という考え方はないのかと思います。浜岡原発停止を中部電力に求めた管直人首相に対する小沢信者らの批判です。もちろんすべての原発をいったん停止させる決断ができればよかったとは思うのですが、まずは危険度が高いであろう浜岡原発から停止させるということは現実的な対応であったと評価してもよいでしょう。評価しているのは信者の皆様から評価されている(されていた?)このお方も同様の..."> 是是非非で考えることができない小沢信者たち(追記あり) 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

この人たちの頭の中には「是是非非」という考え方はないのかと思います。
浜岡原発停止を中部電力に求めた管直人首相に対する小沢信者らの批判です。

もちろんすべての原発をいったん停止させる決断ができればよかったとは思うのですが、まずは危険度が高いであろう浜岡原発から停止させるということは現実的な対応であったと評価してもよいでしょう。
評価しているのは信者の皆様から評価されている(されていた?)このお方も同様のお考えです。
【浜岡原発停止】鳩山前首相「首相の決断は評価したい」 - MSN産経ニュース

民主党の鳩山由紀夫前首相は7日、菅直人首相が中部電力の浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止を要請したことについて「今回の首相の決断は評価したい。浜岡原発は今のままなら、将来に不安が残る」と述べた。中国の北京空港で記者団に語った。

 停止要請に関する議論には「どこまで熟議がなされたか若干の懸念が残る」と指摘。今後の中部電力の対応や経済への影響などについて「丁寧に議論を進めることが大事」と述べた。

 また、原発の新規建設に関し「安全性が保障されなければ国民の同意が得られない。ただ、科学の粋を集めれば不可能ではない」との考えを示した。(中国総局)

この期に及んで原発推進主義とは恐れ入りますが、首相の判断を評価してはいるようです。

また、最近では小沢信者化が進んでいるといわれているこちらの方はこうつぶやいておられます。
http://twitter.com/#!/amneris84/status/66667141587402752
http://twitter.com/#!/amneris84/status/66679935821037568
http://twitter.com/#!/amneris84/status/66679956956119040

なにはともあれ、浜岡を止める、という判断はよかった。「一時的」ということだが、そうしなければ止めるのは難しかっただろう。止まるのは「おおむね2年間」と保安院が言っているようだが、その保安院をこそ、まずは解体し、原発を推進している経産省とは切り離したチェック機関を作らなければ。

今回の首相判断について、「政府内で十分に検討された形跡はなく、支持率低迷に苦しむ政権が反転攻勢のために繰り出した苦肉の策との見方」(読売)も示されているが、国民が評価するのは「動機」ではなく「結果」だ。少なくとも、私は評価する。次回の世論調査で大いに支持率アップすればいい。国民の安全を最優先にして結果を出すことが国民に評価される、ということを菅首相にも実感してもらえる。安全性が確認できないものはとりあえず止めるようにし、当面の電力不足を最小限にする方策を早急にまとめ、エネルギー政策について「政府内で十分な検討」をして欲しい。


そうなのです。私たちは結果でしか政権を評価することができない。どれはど正しい動機であっても、どれほど熟議されても結果がだせなければそれはその程度のことでしかないのです。小平の「黒い猫でも白い猫でも鼠を捕るのが良い猫」という言葉はこのつぶやきと共通するものがあります。彼らの主張は過去の主張はともかくとしてもきわめてまっとうなものであるといえるでしょう。まずはここからでも少しずつ原発廃止に進まねばなりません。

それに納得できないのが小沢信者のバイブルと化しているこちらの記事
信じちゃダメだ!スッカラ菅の浜岡原発全面停止要請 ゲンダイネット

「国民の皆さまに重要なお知らせがあります」
 こう切り出して、浜岡原発の全面停止要請を表明した菅首相。反原発関係者からも驚きと評価の声が上がったが、裏側を探ると、パフォーマンス優先の“思いつき”だったことが浮き彫りになってくる。
「菅首相は今月26、27日にフランスで開かれるG8サミットに参加する。おそらく、世界中から原発の安全性について問われ、袋叩きに遭うのは見えていた。そこで、浜岡原発の停止という“お土産”を持参。批判をかわし、指導力をアピールする狙いでしょう。サミットへの日程を逆算すれば、連休明けに停止を表明する必要があり、最初から停止要請のつもりで、海江田経産相らを現地に派遣。下準備を整えてきた。しかし、原発政策を全面的に見直す覚悟はなく、停止はとりあえず浜岡だけです。サミットに合わせた付け焼き刃なのはミエミエです」(政府関係者)
 民主党は昨年6月、2030年までに原発による電力供給を現状の3割から5割近くまで高めるエネルギー基本政策をまとめている。そのために原発を14基も新設する計画だが、こちらの見直しは手付かずだ。
「福島原発の事故で、『他の原発も止めろ』という声が噴出するのは確実だった。原発の停止ドミノを避けるために、浜岡を止めるのだろう。経済産業省の入れ知恵だ」(官邸事情通)という声もある。
 浜岡原発を止めることで、政府が原発の安全性向上に取り組んでいることをアピール。他の原発には“お墨付き”を与える策略だ。いかにも役人が考えそうなことで、スッカラ菅が飛びついたのは容易に想像がつく。今回の決定の裏では仙谷官房副長官の進言があったとされる。見切り発車の浜岡停止で、今夏の電力供給の混乱も予想される。浜岡を止めるのは当然だとして、裏側を見ると、菅の卑しさだけがクローズアップされてくる。


2003年に民主党はエネルギー政策をより原発にシフトさせたかのようにこの記事は書かれているが、実際はどうだったのか?
上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場によれば、原発政策を大きく推進させるに至ったのは当時の代表が小沢一郎の時期だったと指摘しています。

民主党の原発政策と電力総連

(前略)
ところで、民主党もすでに紹介したように2010年参議院選のマニフェストでは原子力政策を推進してきた。

もっとも、東京新聞の以下の記事を読むと、民主党の推進的立場には少し変遷があるようで、やや慎重の立場から積極的な立場に変わったようだ。

東京新聞2011年4月5日 朝刊
民主の原子力政策 「慎重」から前向き

 福島第一原発事故を受け、政府が見直しを検討している原子力政策。ただ、民主党の過去の政策を見ると、地球温暖化対策の必要に迫られ、次第に原発に前のめりになってきた姿が浮かび上がる。
 同党の政策集では、二〇〇三、〇五両年の時点では、原子力政策は「過渡的エネルギーとして慎重に推進する」とされた。地球温暖化対策では省エネや風力、バイオマスなど再生可能エネルギーの推進を前面に出していた。
 ところが、〇七年の政策集で「慎重に推進」との表現が消え、安全性確保を強調。〇九年には、原子力利用について「着実に取り組む」と前向きになり、先進国で最低水準のエネルギー自給率を引き上げる数値目標まで示された。
 政府の「エネルギー基本計画」でも、菅政権下での第二次改定(昨年六月)で、三〇年までに原発を「少なくとも十四基以上新増設」するとの具体的目標を盛り込んだ。自民党の安倍政権時代の第一次改定(〇七年三月)で、原子力発電は「積極的に推進する」との方針が示されたが、それよりも踏み込んだ。
 民主党の岡田克也幹事長は四日の記者会見で「(もともと)原子力について非常に慎重な態度をとってきたが、その後、党も私も積極的な姿勢に転じた。地球温暖化のリスクの方が多いと判断したためだ」と説明。「原発のリスクが非常に大きく立ちはだかり、これから冷静に議論しなければならない」と述べた。

民主党の原発政策
f7ec7f5c.jpg

2007年の参議院議員通常選挙から立場を変えたということは、民主党は代表が小沢一郎氏になってから原子力政策で、より積極的になった、ということになる。
(以下略)

小沢信者御用達新聞はこのことを無視して記事を書くようです(ちなみの2003年当時の党代表は菅直人)。いかに菅直人を貶めるかに腐心しているさまがみられるではないですか。
このゲンダイの記事に呼応するかのように信者の皆様からはこんなブログ記事が出ることでること
小沢一郎がついに決断、対する菅は目くらましの浜岡原発停止(『政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】』)
パクリ菅の突然の浜岡原発停止は『脱・原発』小沢氏への抱きつき作戦か!? (『カリフォルニア・加州ラジオ草紙』)
菅直人が浜岡原発停止を要請、その裏に隠された思惑とは?(『カナダde日本語』)
空き菅、口から出任せ言い放題 →「(仮説住宅)お盆までに、私の内閣の責任で希望する全ての人が入れるようにする。(キリッ」「浜岡原発停止を要請しました。(キリッ。キリッ。」(晴天とら日和)

菅直人をjひきずりおろしたとしても、総選挙があれば自民党が政権の座に帰り着くことはほぼ確実であって、自民党が政権に復帰すればさらに原発事業を推進することは前回の記事でも明らかです。彼らの主張は結果として自民党・原発推進派を利するに他ならないと言うべきです。彼らの主張が原発推進派の産経新聞あたりの主張と全く同じになってしまっていることをどう考えるのでしょうか。まさか産経が「悪魔にひれ伏してでも」といって小沢一郎を応援するわけでもありますまいに。

さすがにこのような原発反対派からの後ろからの攻撃に呆れたのか孫正義氏は以下のようにつぶやいておられます。

諸君‼ たまには、我が国の首相を尊敬し褒めまくるべきだと思わんか‼ RT @tonkichi_3rd 首相、浜岡発電の停止要請だしたそうです。これからどうなるか… http://t.co/oE7fYbR
5月6日 TwitBird iPadから


これが普通の感覚でしょう。

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード