web拍手 福島第一原発の事故は巨大地震により発生した「想定外の」津波が原発内の非常用電源を破壊してしまったことが原因だと言われていましたし、おそらくそうなんだろうと思っていました。しかしこのような話が出てきました。外部電源喪失 地震が原因 2011年4月30日(土)「しんぶん赤旗」以下引用します。日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶..."> 原発の即刻廃止もやむを得ない 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

福島第一原発の事故は巨大地震により発生した「想定外の」津波が原発内の非常用電源を破壊してしまったことが原因だと言われていましたし、おそらくそうなんだろうと思っていました。
しかしこのような話が出てきました。
外部電源喪失 地震が原因 2011年4月30日(土)「しんぶん赤旗」
以下引用します。

日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

 東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

 これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。


これ、今後の東電の責任追及や損害賠償についてかなり重大な問題ではないですか?
もちろん今後の原発行政のあり方についても。

「想定外」の津波が起こったからこそ東電の免責論も出てきていたはずですが、日本のような地震国では地震対策がなされることは言わずもがなであり、これでは人災であったといわれてもしょうがないし、さらに問題なのはこのことは原子力安全保安院も認識していたと言うことになる。これでは政府は正確な事実を隠蔽してまでも東電を救済することを第一優先事項としていたと言われてもしょうがないと思います。
これは原発推進の経産省の中に保安院があることも関係しているのでしょう。推進組織の下部組織に監督機関があればどうしても監査する能力が弱くなる。だからコンプライアンスを遵守する一般企業ではあえて外部監査を受けたりするのでしょう。これでは経産省はコンプライアンスのなんたるかもわかっていない。
そしてこれには将来核兵器を所持したいという政治家らの思惑も関係しているのでしょう。

こんなていたらくでは原発なんかは日本には取り扱えない施設なんでしょう。
今までは稼働中の原発をいきなり止めることは社会に多大な影響を及ぼしかねないと思っていましたので、安全性を高めて次第に止めればいいのではと思っていましたが、撤回します。いつ起こってもおかしくない地震に原発は対応できていないのですから別の原発でも今、同様のことが起きてもおかしくない。しかも「原発を監督する立場の国は原発と電力会社を守るためなら情報を隠蔽するのですから、これでは何かあっても国民は守られないではありませんか。
ならば原発は即時廃止するしかありません。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















中電次期社長「原発は推進」  中国電力の新社長に6月下旬、就任する苅田知英副社長は28日、広島市中区の本社で会見し、島根(松江市)、上関(山口県上関町)の両原子力発電所計画について、安全対策や地... ...
Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード