web拍手 少し古くなりましたが、1月23日喜味こいしさんがお亡くなりになりました。しゃべくり芸最高峰”喜味こいしさん逝く(デイリースポーツ)“いとこい”の愛称で親しまれた兄弟漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」の喜味こいし(本名・篠原勲=しのはら・いさお)さんが23日午後1時 38分、肺がんのため大阪市内の病院で死去した。83歳だった。しゃべくり漫才の最高峰として活躍し、“漫才の教科書”とも呼ばれる存在だった。2..."> 追悼 喜味こいしさん 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2019 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

少し古くなりましたが、1月23日喜味こいしさんがお亡くなりになりました。
しゃべくり芸最高峰”喜味こいしさん逝く(デイリースポーツ)

“いとこい”の愛称で親しまれた兄弟漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」の喜味こいし(本名・篠原勲=しのはら・いさお)さんが23日午後1時 38分、肺がんのため大阪市内の病院で死去した。83歳だった。しゃべくり漫才の最高峰として活躍し、“漫才の教科書”とも呼ばれる存在だった。2003 年に実兄の夢路いとしさん(享年78)が亡くなってからは一人で活動。古典落語のように語り継がれる名作漫才を数多く残し、昭和の名漫才師が旅立った。
   ◇  ◇
 昨年1月、体調不良のため病院で診察を受け、肺がんが発覚した。その場で本人にも病名と病状は知らされたが、こいしさんは手術 せずに入院して抗がん剤治療を受けることを選択。しかし、今年に入ってから体調が思わしくなくなり、21日に容体が急変。23日に妻や娘らが見守る中、眠るように静かに息を引き取った。
 最後まで仕事に意欲をみせていた。肺がん発覚後も入退院を繰り返しながら仕事現場へと足を運んだ。最後の 仕事となったのは昨年12月2日に大阪・NHKホールで収録された番組「満員御礼!寄席芸ワールド」。曲芸、マジック、落語家の余芸など、今では語る者が 少なくなった寄席芸を、こいしさんが豊富な知識で解説。数年前から担当していた番組は、この日がくしくも最終回で、マネジャーによると「収録日は体調も悪 くなく、スムーズに収録を行っていた」という。
 こいしさんは埼玉県生まれ。旅一座の家庭に育ち、幼少時から2歳上のいとしさんと舞台に 立った。37年に荒川芳丸に入門。荒川芳博・芳坊の名で子供漫才を始め、48年に「夢路いとし・喜味こいし」に改名した。
 45年には新兵 教育を受けていた広島で被爆。77年には膀胱(ぼうこう)がんを患い、人工膀胱で生活するなど波瀾(はらん)万丈の人生だったが、ひょうひょうとボケるいとしさんに翻弄(ほんろう)されながらも、こいしさんが的確なツッコミを入れる芸風で関西演芸界の重鎮となっていった。
 93年には兄弟で 紫綬褒章。2003年9月にいとしさんが死去して以降は、上方演芸会の“ご意見番”としての講演や、映画「ホノカアボーイ」(09年公開)に出演するなど 存在感をみせていた。


関西では、今もやっているのかどうかはわかりませんが、祝日には「ホリデースペシャル」と銘打ったりして上方漫才の特番をやっていました。関西の子ども達はこういう番組を見てすくすく育っていくわけです(笑)
その番組では、いとしこいしさんはオオトリだったり、トリの一つ前を必ずと言っていいほど務めていたような記憶があります。

お二人の漫才はMANZAIブームのころはゆっくりとした、よく言えばベテランの、悪く言えば刺激のないものだったと私は思っていたのですが、見ているうちに次第に引き込まれていたことを覚えています。当時は、吉本興業がフジテレビとタッグを組んでお笑い帝国として東京での地位を確固たるものにしていましたが、そんな東京に進出するB&Bやザ・ぼんちのような若手と違いどっしりと大阪で漫才をしていました。

飄々としたいとしさんのボケとこいしさんのだみ声のツッコミがなんともいえない味を出していました。今のネタ番組のように短い時間ではこの漫才の良さはわからないと思います。今の番組は一発芸の連発を見せられているように思えるのは私が年を取ってしまったからでしょうか。

こいしさんは、上記にもあるように戦争中は少年兵として入隊し広島で原爆に遭われたとのことです。
その当時の経緯を兄の夢路いとしさんは
いとしこいし 漫才の世界いとしこいし 漫才の世界
(2004/09/16)
不明

商品詳細を見る
「私のマンザイ放浪記」という手記で

原爆の噂は大阪にも聞こえていましたし、両親はてっきり弟は、死んだものと思いこんで、位牌まで作って拝んでいました。でも私は、弟が何故か生きていると確信しておりました。
案の定、終戦から十日目に弟は帰ってきました。軍の病院から原隊に帰らず、直接帰ってきたようです。原隊に帰った兵隊さんはたくさんの物資を家に持ち帰ったというのに、弟は軍服も着ずに、白衣一枚で頭に三角巾を巻き、藁草履を履いた姿はまるで幽霊のようでした。(上掲書86頁)

と回想されています。
現役時代はそのような話は殆ど公の場でされることはなかったのですが、いとしさんが亡くなった以降は、講演会で涙ながらに当時の話をされることもあったといいます。
まだこいしさんには生きていただいて、戦争の悲惨さや漫才の楽しさを語っていただきたかったと思います。

昭和がまた遠ざかっていったと思い知らされました。

ご冥福をお祈りいたします。楽しい漫才を本当にありがとうございました。





↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード