web拍手 鳩山前首相、政界引退方針を撤回=年内に最終判断 時事通信 10月26日(火)8時6分配信民主党の鳩山由紀夫前首相は、首相辞任の際に表明した政界引退の方針を事実上撤回する意向を固めた。年内に最終判断する。鳩山氏周辺が26日、明らかにした。 引退撤回の理由について、同氏周辺は「首相経験者として(外交などで)果たせる役割は大きい」と強調。「(鳩山氏は)最終決定したわけではないが、政治の状況が混迷していることも考慮..."> やっぱりやーめた 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

鳩山前首相、政界引退方針を撤回=年内に最終判断 時事通信 10月26日(火)8時6分配信

民主党の鳩山由紀夫前首相は、首相辞任の際に表明した政界引退の方針を事実上撤回する意向を固めた。年内に最終判断する。鳩山氏周辺が26日、明らかにした。
 引退撤回の理由について、同氏周辺は「首相経験者として(外交などで)果たせる役割は大きい」と強調。「(鳩山氏は)最終決定したわけではないが、政治の状況が混迷していることも考慮しないといけない(と考えている)」と語った。
 鳩山氏は、退陣表明した6月に次期衆院選への不出馬を表明した。しかし、7月に北海道苫小牧市の地元後援会幹部に対し、政界引退の方針を撤回し、 2011年4月の統一地方選まで結論を先送りする考えを伝えていた。


政治家の言葉が軽くなったとはよく言われますが、この人はその最たる所でしょうね。
普天間基地移転の迷走については、この人の責任だけではないと思っています。
外務省・防衛省も一体となってかかるべきだったのが、ばらばらになってしまった。
しかし一番の責任はこの人が腹の据わった態度を示せず、期限だけ決めてしまったことで、それが自分の首を絞めることになってしまった。
しかし唯一評価できたのは、同氏が首相を辞任した際に、国会議員も引退すると言ったことでした。
イギリスでも米国でもその国の指導者となりその地位を引退した人は政界の表舞台を去るのですが、日本の場合は元首相がいつまでも国会議員の地位にしがみつき、その政界での影響力を保持しようとしています。
同氏の辞任はそのような日本の政界に一穴をあけるものだと思っていました。
しかし、結局は引退撤回です。
自分の出処進退すらぶれるのか!!そう非難されても仕方がない。

前首相の立場で外遊をし、現地でちやほやされて気が大きくなったのでしょうか?
まぁ、同氏は民主党の実質的なオーナーですからね。引退してもそれなり以上の影響力は民主党内に残せると思うのですが、こんなことをするとこの人の発言は全く信頼できないとしか言いようがない。

この人はやめるのやめるのやめた方が良いと思う今日この頃です。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード