web拍手 昨日民主党の代表選が終わり、菅直人が小沢一郎に勝利で幕を閉じたわけですが、小沢一郎応援団の植草一秀氏が我を忘れて怒り狂っておられます。悪徳ペンタゴン工作活動に敗れた主権者国民勢力(植草一秀の『知られざる真実』)民主党代表選の投開票が行われ、菅直人氏の代表続投が決まった。 焦点の国会議員票では小沢一郎氏 400ポイント菅直人氏  412ポイントと、菅直人氏が僅差で小沢一郎氏を上回った。  地方議員票..."> 民主党の代表選が終わり怒り狂う信者の人々 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日民主党の代表選が終わり、菅直人が小沢一郎に勝利で幕を閉じたわけですが、小沢一郎応援団の植草一秀氏が我を忘れて怒り狂っておられます。
悪徳ペンタゴン工作活動に敗れた主権者国民勢力(植草一秀の『知られざる真実』)

民主党代表選の投開票が行われ、菅直人氏の代表続投が決まった。

 焦点の国会議員票では
小沢一郎氏 400ポイント
菅直人氏  412ポイント
と、菅直人氏が僅差で小沢一郎氏を上回った。
 

 地方議員票では
小沢一郎氏 40ポイント
菅直人氏  60ポイント
 
 党員・サポーター票では
小沢一郎氏  51ポイント
菅直人氏  249ポイント
となった。
 
 党員・サポーター票は小選挙区ごとの総取り方式である。このため、大量の死票が生まれ、また、選挙区ごとの投票数の差もまったく調整されない。したがって、党員・サポーター票もドント方式で集計する方式への変更が実施されるべきである。ポイント数と得票率との間に大きな差が生じている可能性もある。

(追補)党員・サポーター票の得票比率は小沢一郎氏40%対菅直人氏60%だったとのことである。これをポイント数に換算すると、
小沢一郎氏 120ポイント
菅直人氏  180ポイント
になり、ポイント総合計は
小沢一郎氏 560ポイント
菅直人氏  652ポイント
で、その差は92ポイントということになる。
(ここまで追補)
  
 今回の代表選は主権者国民と悪徳ペンタゴンとの闘いであった。
 
 より端的に言えば、米国と官僚の言いなりになる首相と米国と官僚の言いなりにならない首相のどちらを選択するのかという選挙だった。
 
 問題は悪徳ペンタゴン一味のマスゴミが戦前同様の狂気とも言える情報工作を展開し続けたことにある。さらに、党員・サポーター票投票・集計の方式を不正が介在する余地を大きく設定したため、党員・サポーター票の集計に信用が置けなくなったことも問題である。
 
 今回の代表選により、当面菅直人政権が維持されることになったが、これは日本の政治史に極めて大きな汚点を残すものになる。なぜなら、菅直人氏が参院選前に参院選が菅政権に対する信任投票であることを明言し、その参院選に大敗したにもかかわらず総理の座に居座ることになるためだ。政治家が自分の言葉に責任を持たないことが歴史の事実として残されてしまうことになる。
 
 今回の代表選により、民主党が水と油の集合体であることが明確になった。
?対米隷属   VS  自主独立
?官僚主権   VS  国民主権
?大資本との癒着VS大資本との癒着排除
?市場原理主義 VS 共生重視主義
?検察ファッショVS警察検察民主化
の二つの勢力が同居している。
 
 昨年の政権交代は、悪徳ペンタゴンから主権者国民が政権を奪取したものだが、本年6月2日後の政権交代は、悪徳ペンタゴンが主権者国民から政治権力を奪還したものだった。
 
 この意味で、民主党は二つに分裂することが合理的である。
 
 今後、政界全体が主権者国民勢力と悪徳ペンタゴン勢力とに二分される大再編に進む可能性が高く、そのことが日本政治を分かりやすいものにするうえで好ましいと言える。
 
 代表選は主権者国民勢力にとって容認できないものになったが、主権者国民による政権奪還に向けて、直ちに再出発しなければならない。


ツッコミ放題の記事なのですが、順番に。
民主党の選挙制度にいちゃもんをつけているのですが、小沢一郎は選挙にはめっぽう強いのではなかったのでしたっけ?
そもそも自分の党の選挙制度を理解しないで選挙活動をしていることが最早致命的なのであって、ただでさえ「マスゴミ」を筆頭とする「悪徳ペンタゴン」が小沢一郎を陥れようとしているのですから、小沢一郎を応援する国会議員は地元に帰り、地元の支持者を説得し、全国を回るべきだったのではないですか?2週間も時間があったのですから十分作戦が練れたはずで、それが上手くいかなかったというのは小沢陣営の選挙戦術が稚拙だったということでしょう。

しかも、小沢グループは党を離脱せよとは、どういうことですか。というよりセンセは小沢一郎のいつからブレーンになったのか(苦笑)
選挙前、小沢陣営は国会議員票では菅陣営より有利に立っているというのがマスコミの下馬評でした。しかし、開票結果は五分五分、むしろ若干菅直人の方が多かったわけです。
その原因の一つは小沢支持に近い国会議員の地元でも、小沢人気はさほどではなかったということでしょう。
結局小沢の人気は国民(ネットは知らんけど)には低かったわけです。
この状況で小沢グループが離党しても、選挙で枕を並べて討ち死にはということになりませんか。
植草センセがどんな夢想をしようとも(というか植草センセがそういうのでなおさら)、小沢グループが離党することは今回の結果を鑑みると難しくなったといえるでしょう。

広島瀬戸内新聞ニュースが指摘するように現職の総理大臣に勝利するには二倍の勢いを出さないといけなかったところ、小沢一郎は法人税減税を口にし、消費税増税も結局は菅直人と同じになってしまった。普天間の問題もどうやら小沢一郎では解決できないのではないかと思われてしまった。どっちもどっちになれば、3ヶ月しかまだ政権を担っていない菅直人に続投させて良いのではないかということになってしまうのはやむを得ないことでしょう。

しかし何よりも残念なのは小沢神話が引き続き残り、植草センセを始めとする小沢信者が何かある度に「悪徳ペンタゴンに操られた菅直人」というお題目を唱えることが引き続きできるようになったことだと思っています。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード