web拍手 いよいよ本日民主党の新代表が決まるわけですが、小沢信者のボルテージは上がる一方です。信者の中でも筆頭というか、教祖のこのお方が小沢氏の劣勢を案じてこのような妄言を吐いたようです。代表選党員サポータ?票集計除外を決断すべし(植草一秀の『知られざる真実』国政選挙の場合、投票人本人が投票所に足を運び、選挙の立会人が監視する下で、本人確認を行い、衆人環視の下で投票が行われる。投票箱に投入された投票用紙は厳..."> 民主党員・サポーターを切り捨てようとする植草一秀の妄言 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

いよいよ本日民主党の新代表が決まるわけですが、小沢信者のボルテージは上がる一方です。
信者の中でも筆頭というか、教祖のこのお方が小沢氏の劣勢を案じてこのような妄言を吐いたようです。

代表選党員サポータ?票集計除外を決断すべし(植草一秀の『知られざる真実』

国政選挙の場合、投票人本人が投票所に足を運び、選挙の立会人が監視する下で、本人確認を行い、衆人環視の下で投票が行われる。投票箱に投入された投票用紙は厳重な管理の下で搬出され、公開の場で開票作業が行われる。
 
 厳正の上にも厳正な手続きが定められている。
 
 ところが、民主党代表選挙の場合、投票用紙の取り扱いがあまりにも杜撰である。そもそも、サポーター登録している人物、党員登録している人物が、サポーターである、あるいは党員であることを本当に認識しているのかどうかが疑われるケースが発覚している。
 
 民主党の支部代表が、氏名が記載されている本人の了解を取らずに、勝手に名義を利用しているようなケースが存在し、その投票用紙を不正に利用するようなケースが存在しないのかどうかを確認できていないのではないか。
 
 サポーター登録、あるいは党員登録している人物の宛名住所に、当該人物が実際に居住していることを確認できなければ、不正投票が行われる危険を払拭できない。

(中略)

 本来、党の規約であるから、サポーターおよび党員票を算入すべきところであるが、内閣総理大臣を選出する選挙であるとの重大性を鑑みるならば、すでに不正が介在することが確認されてしまったサポーター票および党員票を、集計値から取り除くことを決断するべきである。
 
 小沢一郎氏支持は全国的に菅直人氏支持を実際には上回っており、公正な選挙が実施されるなら、国会議員票でも党員サポーター票でも小沢一郎氏が比較多数を獲得するはずである。しかし、不正投票によって、結果が覆されることはあってはならないと考えられる。
 
 国会議員が411人おり、822ポイントが存在する。地方議員の投票に不正が入り込む余地がないのなら、この投票を算入する。ポイントは100ポイントである。
 
 この合計、922ポイントで決着をつけることを検討するべきであると思われる。国会議員票とサポーター票が同じ結論を示す場合には問題は生じないが、国会議員票とサポーター票の結果が異なる場合には、必ず、サポーター票の集計、あるいは投票用紙の配布の適正性をめぐって、大きな混乱が引き起こされることになると予想される。
 
 2000年米国大統領選挙フロリダ州以上の混乱に陥ることは間違いない。この混乱を回避するには、9月14日の代表選実施前に、党員・サポーター票をポイント集計から除外することを決定するべきである。

 これまでに観察されているNHKを含むマスゴミ全体の狂気に満ちた偏向報道と、あまりにも実態とかけ離れた菅直人氏が優勢であるとする虚偽の世論調詐報道を踏まえると、これらの偏向報道と虚偽報道が、党員サポーター投票および集計での不正を隠蔽するためのアリバイとして用いられる可能性が極めて高くなっているとも考えられる。
 
 この不正を排除するには、党員サポーター票を集計除外とする以外に有効な方法は存在しない。
 
 民主党代表選は国民に対する重大な責任を伴うものである。不正が介在する可能性を完全に除去しないまま、選挙を実施することは、日本の百年の計を誤るものであり、日本国民に対する背信行為になる。


同氏にいわせれば最早民主党は党内ガバナンスを欠いた政党であるということになりますね。
こんな政党に国政を任せるわけにはいかないではないですか。

そもそも論理の建て方が変。始めは「疑いがある」という話だったのが、書いているうちに興奮してしまったのか「不正が確認された」となってしまっています。植草センセ大いに変ですよといわざるを得ません。

民主党の地方票・サポーター票の全てに不正があるような書き方をし、小沢一郎を総理にするためには党員・サポーター票を切り捨てよという言い方は党員・サポーターの投票権を都合が悪くなれば無視する物であって言語道断です。そもそも植草氏は民主党員なのでしょうか?

ひいきの引き倒しという言葉がありますが、植草氏のこの言動はまさにそのものであり小沢一郎の足を引っ張るものでしかありません。だいたい自分に都合が悪くなればそのルールをひっくり返すのは植草氏のいう「主権国民」の姿なのでしょうか?植草氏は「真実はネットにあり」と主張するのですが、1年前秋葉原とネットの支持率を過信して選挙に負けた首相がいたことを思い出します。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。


スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード