web拍手 民主党の党首選挙をひかえ、マスコミは小沢一郎が出馬するのかどうかを興味の的にしています。民主代表選、小沢氏が出馬を検討8月19日3時5分配信 読売新聞民主党の小沢一郎前幹事長は18日、9月の党代表選について、小沢グループ以外からの幅広い支持が得られることを条件に出馬を検討する考えを周辺に伝えた。 菅首相はすでに出馬の意向を明らかにしており、小沢氏は党内の動向を慎重に見極め、来週にも最終判断する見通しだ。..."> 小沢一郎は代表選に出馬せよ 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

民主党の党首選挙をひかえ、マスコミは小沢一郎が出馬するのかどうかを興味の的にしています。
民主代表選、小沢氏が出馬を検討8月19日3時5分配信 読売新聞

民主党の小沢一郎前幹事長は18日、9月の党代表選について、小沢グループ以外からの幅広い支持が得られることを条件に出馬を検討する考えを周辺に伝えた。

 菅首相はすでに出馬の意向を明らかにしており、小沢氏は党内の動向を慎重に見極め、来週にも最終判断する見通しだ。

 出馬の条件として、小沢氏は具体的に、党内最大の約150人を擁する小沢グループを固めたうえで、「(鳩山前首相グループや)旧民社党系や旧社会党系の支持が得られるなら考えてもいい」と周辺に説明した。

 また、小沢氏は同日、長野県軽井沢町で19日に開かれる鳩山グループの研修会に出席する意向を鳩山氏側に伝えた。小沢氏はこの場で、自らの出馬を支持する声がどの程度広がるかを見極めたい考えとみられる。

 周辺は、小沢、鳩山両グループ、旧民社党系、旧社会党系などとの連携により、国会議員の過半数の支持を固められると判断。政策としては、自ら策定に携わった昨年の衆院選政権公約の実現を訴えるほか、参院選で大敗した菅執行部では次期衆院選で勝利できないと主張するとみられる。

TheJournalを代表とする、小沢シンパ系のネット言論では、世の小沢シンパ(小沢信者?)と呼ばれる人たちが、「小沢立つべし!!」と小沢一郎でなければ「平成の無血革命」は断行できないとやかましく叫んでいます。
彼らはどちらかといえば左派リベラルではないかと思うのですが、そんな彼らに言わせれば菅直人のような市民活動家崩れではダメなんだそうです。
小沢総理が実現すれば「国民の生活が第一」の政治がすぐにも実現すると言わんばかりです。

小沢一郎はそこまで信頼に値できる人物なのか?
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」という国会議員からなる超党派の会があります。
この会は自民党からは安倍晋三や福田康夫、森喜朗が名を連ねているある意味右翼政治団体的な会だと思いますが、同氏は民主党議員として松原仁や原口一博、そして小沢シンパの人々が嫌う偽黄門こと渡部恒三らと共にこの会の会員として名を連ねています。今年の終戦記念日に、小沢一郎が靖国に参拝したのか寡聞にして知りませんが、参拝していればニュースにはなったでしょうから今年は同氏は同会の会員でありながら参拝をしていないのでしょう。
かって小泉純一郎が総理大臣として靖国に公式参拝した際は参拝自体は評価していたようですし、かって同氏が自治大臣だったときは堂々と参拝していたようです。
この点について、リベラル系の小沢シンパの皆さんはどう考えるのでしょうね?

それよりもなによりも私が小沢一郎を信頼できないのは、同氏が民主党党首時代にぶちまけた「企業団体献金の禁止」が全く手つかずのままであり、また、同氏が代表時代に策定したマニフェストの「取り調べの全面可視化」も手つかずの状態になっている点です。
思い出せば同氏が民主党の代表を辞任するに至った原因は西松建設の不正献金疑惑によるものだったのですが、同氏は辞任前後に「企業団体献金の全面禁止」を謳っていたはずでした。しかし、結局捜査の手が及んだにしても不起訴となることが確実視され始めた頃からこの点について語られることはなくなり、また、取り調べの全面可視化も後退していきました。

もし小沢一郎が世間の言うとおり「豪腕政治家」なのであれば、鳩山政権時代、同氏は民主党幹事長という要職にいたわけですから、同氏の豪腕を持ってすれば容易に成立させることができたはずでした
小沢一郎はこの2点の取り下げというか棚晒しを条件に検察と手打ちをしたのではないか?という疑念は残ります。

普天間の問題についても同様で、「きれいな海を埋め立てるな」と言ったとのことですが、結局は何も動こうとはしなかったし、普天間問題で社民党が連立を離脱しようとした際も何も調整をできず結果として社民党は連立を離脱してしまいましたし、その離脱参院選の民主党の惨敗の遠因となりました(社民党の固定票が民主党に流れなかったことが、一人区での民主党の敗北の要因でしょう)

小沢一郎は豪腕のイメージで語られる政治家ですが、その実態は豪腕という物からほど遠いのではないか?雲隠れをすることでその神秘性を高めているに過ぎない政局大好きな政治家なのではないのでしょうか?小泉純一郎と同じ穴の狢なのではないかと思えてしまいます。

そもそも同氏の民主党代表時のスローガン「国民の生活が第一」というのが本心で言っているものなのでしょうか?
同氏の主著ともいえる「日本改造計画」は、国民に自己責任を強く求める新自由主義的な書物であったことが話題を呼んだと記憶しています。本文はゴーストライターが書いたという話もありますが、同氏が新自由主義者であったことは間違いないのでしょう。
その後、「民由合併」後、同氏は民主党横道グループと政策合意をしてその支持基盤を左にも広げることに成功したわけですが、一連の氏の行動を見る限りは「権力を握る」この一点が行動原理としか思えません。その点については「世界」7月8月号の特集で詳しく分析されています。

小沢一郎が信用できないのは選挙情勢に応じて右にも左にもくっつけるその無節操ぶりと、「闇将軍」という言葉に象徴されるように自分が矢面に立たないことで、自分にダメージを受けることがない位置にいることです。そしてそのイメージがあるからこそ小沢一郎シンパは小沢一郎に幻想を抱いているのでしょうが、結局これって小泉純一郎や安倍晋三に幻想を抱くのと何ら変わらないのではないでしょうか。

今回の民主党の代表選は民主党が本当に政権政党の能力があるのかを国民が見ていると思います。前回の樽床伸二のように誰か自分の息のかかった人物を当て馬にするようなことではなく、小沢氏自身が立候補し、菅直人と政策を議論していただきたい。そして小沢一郎自身の声で自身の政策ビジョンを明確に語っていただきたいと思います。
それができなければ結局小沢一郎は政局のみの政治家と評価されても仕方がないでしょう。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード