web拍手 今日は広島の原爆記念日です。今年の慰霊祭はついにアメリカから駐日大使が出席し、また国連事務総長も出席します。 米大使「核兵器なき世界へ協力を」=国連総長ら、式典初参加―広島 8月6日8時51分配信 時事通信広島の平和記念式典に初の米国代表として出席したルース駐日大使は6日午前、大使館を通じて「未来の世代のために、私たちは核兵器のない世界の実現を目指し、今後も協力していかねばならない」とのコメントを発表し、..."> 原爆忌に田母神俊雄がまた広島に行く 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今日は広島の原爆記念日です。
今年の慰霊祭はついにアメリカから駐日大使が出席し、また国連事務総長も出席します。
米大使「核兵器なき世界へ協力を」=国連総長ら、式典初参加―広島 8月6日8時51分配信 時事通信

広島の平和記念式典に初の米国代表として出席したルース駐日大使は6日午前、大使館を通じて「未来の世代のために、私たちは核兵器のない世界の実現を目指し、今後も協力していかねばならない」とのコメントを発表し、第2次大戦のすべての犠牲者に哀悼の意を表した。
 大使はオバマ米大統領と親密な関係にあり、広島を訪れるのは2回目。昨年10月の初訪問時は献花し、平和記念資料館で「核なき世界の平和と安全保障に向けて協力する大切さを認識した」と記帳していた。
 オバマ大統領の昨年4月のプラハ演説以降、核軍縮の機運が世界的に高まっており、今年の式典には国連の潘基文事務総長をはじめ、核兵器保有国である英仏の政府代表も初参加した。
 潘事務総長は被爆者や遺族ら出席者が見守る中、原爆死没者慰霊碑に献花。核廃絶の実現を呼び掛け、国連トップとして軍縮・不拡散を主導する決意を国際社会にアピールした。事務総長は式典終了後、平和記念資料館を視察する。 

広島は今日一日祈りに包まれます。
そんな中「あの」田母神俊雄が昨年に引き続いて「ふたたびヒロシマの平和を疑う」と銘打って広島に行くことになっています。もちろん、日本は核武装すべきだという議論自体はあっても良いと思いますし、それ自体は思想信条の自由だ。集会の自由も憲法によって保障されている。だから同氏が広島で持論の核武装論で一席うつのは自由ですが、物事にはTPOというのがあるでしょう。
同氏曰く

8月6日の私の講演を決めたのは広島県民。今年は被爆者も協力してくれています。6日の広島は、実際には「反核一色」に染まっているわけではない。「慰霊祭は慰霊と鎮魂の日のはずなのに反核運動の色が強い」という声が、被爆者の間にもあります。

とのことですが、同氏の言い分が正しいとしても原爆の被害を受けた人々の「慰霊と鎮魂の日」に日本は核武装すべきだとの講演をすることが果たしてふさわしい態度なのか。そこには死者に対する哀悼も何もないと断ぜざるを得ません。
ただただ呆れるばかりです。

しかしこれは同氏だけではない。
全国紙の一つでもある読売新聞は本日原爆忌 核軍縮の潮流を確かなものに(8月6日付・読売社説)という社説を掲げています。一見核軍縮肯定の観点で書かれているように思えますが

一方で北朝鮮は核開発を続けている。北朝鮮の核の脅威や中国の軍事大国化という現実を見れば、日本にとって米国の「核の傘」は不可欠だ。

 広島市の秋葉忠利市長が式典で行う平和宣言は、「核の傘」からの離脱や非核三原則の法制化を日本政府に求めるという。現実を踏まえた議論とは到底言い難い。

 米国の核抑止力を機能させるためには、非核三原則の「持ち込ませず」についても、核搭載艦船の寄港・通過などは認めることを検討すべきだろう。

といい、その反動的な性格を明らかにさせています。
田母神俊雄が一人で騒いでもただただ迷惑なだけですが(笑)、全国紙となればそうはいかない。恐らく一定の割合でこの社説は支持を得るのでしょう。何とも憂鬱な夏の朝です。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード