web拍手 ここ何十年にもわたる洗脳教育のおかげで、増税=消費税増税で、これはやむなしという意見が多くなっています。キーワードは「財政再建」のために消費税を増税しようというものだったのが最近では「法人税減税で日本に景気を上向かせよう」というフレーズがワンセットになっているようです。しかしこれはおかしい。消費税を増税して財政再建を図るのが100歩譲って正しいとしても、それに企業減税をかませてしまうと結局消費税増税..."> 菅政権の鼎の軽重は 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ここ何十年にもわたる洗脳教育のおかげで、増税=消費税増税で、これはやむなしという意見が多くなっています。

キーワードは「財政再建」のために消費税を増税しようというものだったのが最近では「法人税減税で日本に景気を上向かせよう」というフレーズがワンセットになっているようです。

しかしこれはおかしい。
消費税を増税して財政再建を図るのが100歩譲って正しいとしても、それに企業減税をかませてしまうと結局消費税増税分は企業減税の穴埋めにしかならず、財政再建なんて夢物語にしかならないし、そもそも過去数十年にわたり企業は減税の恩恵に浸っているわけであって、一連の経団連の努力(?)の結果、小泉政権下での実感無き景気拡大になったのではなかったのでしょうか。
それに企業減税で恩恵を受けるのは一部の大企業であることは、そもそも赤字企業は税金を支払っていないのですから(だからこそかって東京都は外形標準課税説を根拠に赤字の銀行に課税しようとした)、その効果は限られているとしか言えないし、企業減税しなければ企業が海外に逃げるだとかいうことはおとぎ話の類に過ぎないこともこのブログで書いてきたところです。

これも書いたような気がしますが、日本の徴税能力は度重なる企業減税、そして金融資産の分離課税による金持ち優遇課税により低下しているのが事実なのです。
度重なる減税はその財源の穴埋めに、というより減税という「飴」をしゃぶらせる替わりに消費税という「鞭」を導入させる露払いのような役割を果たしてきました。小比木潔の「消費税をどうするか―再分配と負担の視点から 」
消費税をどうするか―再分配と負担の視点から (岩波新書)消費税をどうするか―再分配と負担の視点から (岩波新書)
(2009/09)
小此木 潔

商品詳細を見る
にも旧大蔵省の官僚の発言で消費税導入を優先させたいがために減税をしすぎてしまった旨の発言が紹介されています。現在の日本の税制体系は好景気時には思うほど税収が伸びず、その結果、リーマンショックのような不況下では税収の落ち込みが酷くなるという脆弱な状態に陥ってしまっているのです。

政府の税調専門家委員会座長の神野直彦氏らはそのような足腰の弱い税収体勢を見直し、まず金持ち・企業にその能力に応じた負担をさせることで好況時にはしっかりとした税収を確保し、それをもって財政再建にあたるという方向性を模索しています。
以下「気まぐれな日々」のエントリからの引用

政府税調専門家委員会の委員長を務める神野直彦教授らの考え方は、まず所得税や法人税の課税範囲を拡大し、さらには所得税の累進制を強化するなどして税収を増やすべき、というものだ。ひらたく言えば、まず富裕層に対する所得税の増税を行え、ということである。そして、もし日本が「小さな政府」を目指すなら、消費税を含む間接税の増税は抑えるべきだし、そうではなくて社会保障を充実させた「サービスの大きな政府」を目指す場合、直接税による税収では不足が生じるなら、その時初めて消費税増税も検討する必要が生じる。そういう道筋で議論がなされている。

日本の将来のあり方を税制を通して考えようというのが現在の政府税調の考え方なのであって、一部企業の経営陣の財布を豊かにするために企業減税と消費税増税をしようとしているわけではないのです。
問題は菅政権がその方向性をしっかり説明できるのかどうか?
マスコミの圧力に負けるようなことがあるのか?
ここに菅政権の鼎の軽重が問われることになると思います。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード