web拍手 明日、菅政権が発足することになりました。菅新政権の布陣が漏れ聞こえてきていますが、マスコミの報道は相変わらずで「反小沢色を鮮明にした」とか「9月の代表選では小沢一郎が出馬?」などと言っていますが、代表選について言えば、仮に参院選で民主党が勝てば、勝った選挙を指揮した代表の首をすげ替えるということになるはずもないし、仮に負けたとしても、前代表時代の「政治と金」や「普天間の問題」が大きく影響したと言え..."> 菅政権が発足するわけだが 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

明日、菅政権が発足することになりました。

菅新政権の布陣が漏れ聞こえてきていますが、マスコミの報道は相変わらずで「反小沢色を鮮明にした」とか「9月の代表選では小沢一郎が出馬?」などと言っていますが、代表選について言えば、仮に参院選で民主党が勝てば、勝った選挙を指揮した代表の首をすげ替えるということになるはずもないし、仮に負けたとしても、前代表時代の「政治と金」や「普天間の問題」が大きく影響したと言えば(じっさいそうだし)、菅直人の責任問題にはなり得ないでしょう。
また「反小沢」について言えば、小沢チルドレンと呼ばれる人たちは何の実績もないのかもしれないが俄然として数の力だけはあり、小沢グループを無視した党運営は実質不可能。反小沢と呼ばれる人々を閣内や党内の要職に就けたのは反小沢というより、むしろ反小沢グループの懐柔のためでしょう。
マスコミはそんな我々の生活に関係のない「親小沢」「反小沢」で政治を解説するのではなく、この政権の目指すところは何か、どういう方向性を持った政権なのかを分析して解説して欲しいものだと思います。

とはいえ、外務大臣や防衛大臣の留任はさすがに筋が違うように思えます。
普天間の問題においては鳩山前総理(でもういいでしょう)は、自分の意見とはいえ「最低でも県外」といい、そして民主党のマニフェストは「対等の日米関係」といっていたのですから、少なくともその結果を出せなかった両大臣は変えるべきだったと思います。政治はなんと言っても結果が全てなのですから。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード