web拍手 東京築地市場の移転問題で、民主党が方針を変更した模様。3月28日の赤旗の記事です。築地移転 民主、予算案に賛成へ(赤旗)東京都が築地市場(中央区)を高濃度の有害物質で汚染された江東区豊洲地区に移転させようとする問題で、都議会民主党は27日、移転経費を盛り込んだ新年度都中央卸売市場会計予算案に賛成し、移転予定地の購入費を削除する修正案の提出を取りやめる方針を固めました。昨年の都議選での公約を破るもの..."> 裏切られた 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

東京築地市場の移転問題で、民主党が方針を変更した模様。
3月28日の赤旗の記事です。
築地移転 民主、予算案に賛成へ(赤旗)

東京都が築地市場(中央区)を高濃度の有害物質で汚染された江東区豊洲地区に移転させようとする問題で、都議会民主党は27日、移転経費を盛り込んだ新年度都中央卸売市場会計予算案に賛成し、移転予定地の購入費を削除する修正案の提出を取りやめる方針を固めました。昨年の都議選での公約を破るもので、都民から「裏切りだ」との批判があがっています。

 同党は土地購入費を削除する修正案を各会派に提示していましたが、自民党などと密室協議を重ねた結果、提出を取りやめたもの。

 27日の都議会予算特別委員会で民主党の和田宗春都議は「現在地再整備を検討すべきだ」としながら、土地購入費の削除は求めませんでした。

 日本共産党の大山とも子都議は、マスコミの世論調査でも6?7割が豊洲移転に反対し、築地での再整備を望んでいることをあげ、「築地市場の現在地再整備は技術的には十分可能であり、再整備案を公募しないのは無責任だ」ときびしく批判しました。

 日本共産党は、土地購入費を含む移転関連経費1281億円を全額削除する修正案を発表。民主党などに対し土地購入費削除の一点で共同し、修正案を成立させるよう申し入れていました。


土地購入費を削除しないとは結局修正案を民主党は撤回したということで、築地の移転事業は大きく移転の方向に舵を取ったということになります。
同紙は解説

民主党は昨年7月の都議選で「築地市場の移転に…民主はNO 自民はYES」をマニフェストの最重点に掲げました。築地市場前での告示第一声で鳩山由紀夫代表は、「築地市場移転をやめさせるためには、たった一つ、都議選で勝つことです」と強調。多くの都議候補が「築地市場は現在地で再整備」と公約しました。

 都議選の結果、与党の自民党・公明党が過半数を割り、日本共産党、民主党、生活者ネット・みらいが過半数を占め、石原慎太郎知事の無謀な市場移転計画にストップをかけることができる議会構成となりました。

 猛毒物質のベンゼン、シアン化合物、ヒ素で高濃度汚染された豊洲地区への市場移転計画には、仲卸業者や消費者団体、日本環境学会など各団体が反対、集会やデモには日本共産党のほか民主議員も参加しました。

 移転問題が焦点となった今都議会で、日本共産党は新年度の中央卸売市場会計予算案から移転関連予算全額を削除する修正案、民主党は用地取得費だけ削除する修正案を各会派に提示。「土地購入費削除」の一点で共同すれば豊洲移転にストップをかけられる可能性が生まれました。

 ところが民主党は、修正案提出を阻止しようとする都側と、自民・公明両党との密室協議を繰り返し、予算特別委員会を2日間も空転させました。同党は、知事の「議会が現在地再整備を検討する場合、協力する」「議会の意思は尊重する」という答弁をうけ、修正案の提案をとりやめ、法的拘束力のない付帯決議をつけて予算案賛成に転じました。

 民主党の立場は、豊洲移転そのものをやめさせるのではなく、現在地再整備をそ上にのせればよいというものです。

 「食の安全を優先して」「築地再整備を」の都民世論を踏みにじり、移転予算案を可決する民主、自民、公明各党に都民の批判は免れません。

と主張します。

しかし、この民主党都議団のヘタレぶりはなんなんでしょう。新銀行東京問題や、五輪落選やらで石原慎太郎の求心力は低下し、石原都政はレームダック化しているのに、そんな都知事を助けてどうしようというのか。
特に築地移転の問題は石原と大手ゼネコンの癒着という問題もあり、石原慎太郎にとどめを刺すには絶好の案件のはずです。ましてことは「食の安全」です。民主党は「国民の生活が第一」ではなかったのですか?
こんなことでは石原慎太郎が次回都知事選に出馬するようなことがあっても、民主党は有力な候補者を立てることができないまま敗北しかねないと思います。

昨年夏の都議会選挙は政権交代の風が吹く中での選挙でした。多くの有権者はその風で都議会に民主党議員を送り出したのかもしれません。しかし、選挙公約は公約です。やらないならまだしも、反対方向に動くのは民主党に投票した人々への裏切り行為でもっとも罪が重い。民主党都議団はきちんとした説明をするべきですし、このことが本来の「説明責任」だと思います。

しかしこんな状態では夏の参院選で民主党に勝たせるわけにはいかない。数の力で何をしでかすかわかったもんじゃない。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード