web拍手 普天間基地を巡る問題で、民主党の小沢一郎幹事長が発言したとのこと。小沢幹事長、普天間陸上案に「怒り」(nikkansports.com)民主党の小沢一郎幹事長が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上部(名護市)などの県内移設案について「(参院選前に政権の)イメージダウンも甚だしく、選挙にならない」などと否定的な見解を与党幹部に示していたことが7日分かった。小沢氏は政..."> 政治とは結果が全て 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

普天間基地を巡る問題で、民主党の小沢一郎幹事長が発言したとのこと。
小沢幹事長、普天間陸上案に「怒り」(nikkansports.com)

民主党の小沢一郎幹事長が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上部(名護市)などの県内移設案について「(参院選前に政権の)イメージダウンも甚だしく、選挙にならない」などと否定的な見解を与党幹部に示していたことが7日分かった。小沢氏は政策決定の内閣一元化の観点から、普天間問題でも基本的に内閣の判断を尊重する考えを示している。ただ鳩山由紀夫首相は移設先候補地の決定に際し小沢氏に同意を求めるとみられ、小沢氏が異論を唱えた場合、首相らは対応に苦慮しそうだ。

 小沢氏は3月に入り与党幹部と会談。関係者によると、この席で「沖縄県議会が全会一致で国外・県外移設の意見書を可決したのに、県内とすることができるわけがない」と指摘。さらに「首相も『県外か国外』と言っていた。首相も選挙に不利になることは分かっている」と県内移設に反対姿勢を示したという。政府、与党の沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野博文官房長官)の協議の進め方に関しても与党の意見反映が不十分で外務、防衛両省が主導する議論になっていることに不満を漏らしたという。


選挙のみを考えている発言だ!!などと批判も多いのでしょうが、沖縄県民は先の総選挙から先日行われた名護市の市長選挙に至るまで、一貫して基地の撤去を求めてきたわけであって、多くの国民もその経緯をわかっているわけです。ここで民主党政権がぶれるようなことがあれば政権は持たないという判断なのだと思います。
しかし民主党の「脱官僚」はどうなってしまったんでしょう。この記事を読む限り、政府、与党の沖縄基地問題検討委員会は完全に官僚に牛耳られてしまっているようですが。

そもそも平野博文あたりが落としどころと考えている「シュワブ陸上案」は筋があまりも悪い上に、その発言も頭ごなしなものであり地元の反発は当然というものでした。
名護市議会、シュワブ陸上案に反対決議=普天間、官房長官は地元理解求める(時事通信)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、同県名護市議会は8日午前、政府・与党が検討中のキャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設案に反対する決議と意見書を全会一致で可決した。これに対し、平野博文官房長官は記者会見で、一般論として、地元が反対しても受け入れを求めるケースはあるとの見解を示した。
 平野長官は決議について「市議会の考えと理解する」とした上で、「決議があっても決議を超えてやっていただかなければならない場合は(ある)。沖縄に限らず、地域の自治体に理解をいただくためにお願いをしなければならないケースはあるのではないか」と述べた。
 名護市の決議に先立ち、沖縄県も先月24日、県内移設に反対し、県外・国外移設を求める意見書を全会一致で可決している。同県では、政府が水面下でシュワブ陸上案を検討していることに警戒感が強まっており、平野長官の発言は一層の不信を招きそうだ。
 名護市の決議と意見書は、シュワブ陸上案について「これまでの移設案よりも住宅地域に近接するもので、言語道断」と反発。「名護市民の生活環境のみならず、近隣の小中学校の教育環境までをも破壊するもので、断じて許されるものではない」としている。 

小沢一郎の発言はこの陸上案への動きに「待った」をかけるものになることを期待したいと思います。

政治とは結果が全てなのであれば、その過程や意図は問わないと言うことになるのでしょうが、意図はともあれその結果沖縄県民の民意に添うものであれば歓迎すべきことなのだと思います。
なんといっても「政治とは結果が全て」なのですから。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





小沢氏は以前から否定的でしたよ。
「首相官邸の判断を待つが、沖縄の声は尊重しないといけない。あの青い沖縄のきれいな海を汚してはいけない」と強調。日米合意した現行のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)移設案に慎重な姿勢を明らかにした。
と理由で。
5月に訪米します、その時にアメリカに沖縄はノーと言って来るでしょう。
小沢さんの訪米に期待ですよ。さん ありがとうございます。

小沢一郎は、前回の細川・羽田連立政権の一年足らずの崩壊という苦い経験があって、意地でも連立は4年は維持させるでしょう。

私はこの問題は参議院選挙の結果をもって最終的な結論達するのではないかと思っているのですが、民主党が大勝する可能性は低いと私は思っています。

民主党が単独過半数を参議院で獲得できなかった場合、連立の相手である社民党との関係は引き続き維持しなければならないわけで、その場合は基地問題は国外・県外移設の方向に進むのではないかなと思っています。
また単独過半数を民主党が確保できなかった場合であっても同党の右派の議員が大量に当選するようなことがあれば、社民党を切り捨て、陸上案が最終的な結論になると思っています。
要するに連立内でのパワーバランスが最終的な結論を導くのであって、参院選前の5月の時点では何も決まらないでしょうし、小沢訪米はその点をアメリカ側に説明することになるのだと思います。

私がこの問題で苦々しく思っているのは、この問題はアメリカはあまり大事ではないと思っているにもかかわらず(アフガニスタンやイラク問題をどうするかの方がオバマ政権にとっては重要でしょう)、むしろ国内問題であるとしか思えないのですが、沖縄の民意を無視してそれを政争の具にしている輩の存在と、その輩の意図をくんでこれが日米間の最大の問題だと発言する元米高官の存在と、それに踊らされるマスコミの存在です。
この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード