web拍手 衆議院議員城内実が自身のブログに上げた記事が発端となり、同氏のブログが絶賛炎上中の模様です。当該記事は以下の2件◇コラム◇浅田真央さんの銀メダルこれは現時点で見ることができなくなっているので、いつもお世話になっている「kojitakenの日記」を引用。 お昼ご飯を食べることも忘れ、じっとくいいるようにテレビの画面を見ていた。私は日本をこよなく愛する者であるが、韓国のキム・ヨナ選手がどうみてもだんとつであった..."> 一緒にすると失礼(追記あり) 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

衆議院議員城内実が自身のブログに上げた記事が発端となり、同氏のブログが絶賛炎上中の模様です。
当該記事は以下の2件
◇コラム◇浅田真央さんの銀メダル
これは現時点で見ることができなくなっているので、いつもお世話になっている「kojitakenの日記」を引用。

お昼ご飯を食べることも忘れ、じっとくいいるようにテレビの画面を見ていた。私は日本をこよなく愛する者であるが、韓国のキム・ヨナ選手がどうみてもだんとつであった。悔しいがとなりの韓国にわが日本は完敗した。僅差やどんぐりのせいくらべの金と銀ではない。大差の金と銀であった。
浅田真央さんも安藤美姫さんも鈴木昭子(間違えました明子さんでしたね)さんも良くがんばった。


しかし、キム・ヨナ選手は四年前から金メダルをとるためにカナダに移住し練習に練習を重ねたとのこと。その執念たるやコーチの方はじめ韓国の国をあげての努力はさすがである。それがすべての演技にあらわれていた。しろうとの私が見ても顔の表情も含めて文句のつけようのない完璧な演技であった。
だんとつの圧勝というのもあれこれ文句のつけようんがないから気持ちがいいものだ。私の選挙もこれからもそうでありたい。


次は本家(笑)から
◇ コ ラ ム ◇ 最後の金メダル逃す
いつ見ることができなくなるかが、現時点ではわからないので

バンクーバーオリンピックのスピードスケート女子パシュートは、日独の決勝戦となり、0.02秒差で日本が銀となってしまった(ドイツではmit kaum sichtbaren Vorsprung von zwei Hundertstel Sekunden(目視では全く分からない100分の2秒差のぎりぎりの僅差での勝利)と表現されていたらしい)。
 私の外務省のドイツ語の先輩が、「ドイツ人と日本人の金メダルへの執念の差を見たような気がする。」と指摘されておられたが、全く同感である。つめの甘さやちょっとしたミスは命とりである。
 私の前回選挙のように浅田真央選手が4年後のオリンピックで金メダルをとること、そしてわずか0.02秒差で金メダルをのがした日本勢が次回に0.02秒差であろうと金メダルをとることを期待している。
 オリンピックのルールがどうのこうのと言う前に、勝たなければしょうがないのである。水面下で国際オリンピック協会に日本人に不利なルール変更については適時適切に申し入れすると同時に、日本選手が精神面でも強くなって欲しいと思った次第である。


で、ルールの変更とか日本人に不利だったとかは色々な言い方があると思います。実際否定はできませんし。
とはいえ、浅田真央選手にしても、女子バシュートのメンバーにしてもとにかく立派でした。
それは素直に評価するべきだと思います。
しかしなによりもこの政治家は、自分の選挙しか興味がない政治家であるということをこの度の一連のエントリで露呈してしまいました。
というよりスポーツを見る度に自分の選挙に思いをはせるというのですから、長崎宏子千葉すずばりにいえば「城内実は当選証書キ○ガイ」と言えるでしょう。

というよりオリンピックと選挙は同じ次元で語ることはできないでしょう。彼ら(彼女ら)派遣選手は、国内や国外で何度も行われる選考選手権に勝ち抜き、オリンピックへの参加券を自らの手で勝ち取った方々です。
国会議員は、もちろん任期満了選挙であれば4年に1回なのでしょうが、本来は国会議員になること自体が目的ではなく、国会議員になって何をするのか?それをどう評価されるのか?が重要なので、国会議員になること自体は(大変であることは認めるにしても)目的化してはいけないと思うのです。
それをこの議員はオリンピックで金メダル=国会議員当選としてしまっている。
この点に、この政治家の傲慢さと不遜さを感じてしまうのです。

この方、元々こういう方だったんでしょうね。
政策とか何とか言う前に選挙だけが大事。
浪人時代どんな酷い目にあったのだろうと同情すら覚える今日この頃です。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。




▼続きを読む▼

この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード