web拍手 Yahoo!ニュースは当ブログのネタ探しに非常に重宝していますが、そちらに設置しているコメント欄が設置されていますがそのコメントの多くは見るに堪えがたい罵詈雑言が多く、しかもコメントを投稿した人たちは自分が正しいと思いこんでいるので始末が悪いのですが、先日出た判決についても同様の事態になっています。強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白調書の信用性に疑問」?大分地裁(時事通信)大分県豊後大野市清川町(当時清..."> 取り調べのの全面可視化について再び 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Yahoo!ニュースは当ブログのネタ探しに非常に重宝していますが、そちらに設置しているコメント欄が設置されていますがそのコメントの多くは見るに堪えがたい罵詈雑言が多く、しかもコメントを投稿した人たちは自分が正しいと思いこんでいるので始末が悪いのですが、先日出た判決についても同様の事態になっています。
強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白調書の信用性に疑問」?大分地裁(時事通信)

大分県豊後大野市清川町(当時清川村)で2005年、一人暮らしの無職山口範子さん(61)が殺害され、車などが奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職伊東順一被告(58)に対し、大分地裁(宮本孝文裁判長)は23日、「供述には不合理な変遷もあり、自白調書の信用性には疑問がある」などとして、無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。伊東被告は捜査段階ではおおむね容疑を認めたが、公判で否認に転じ、無罪を主張していた。
 宮本裁判長は殺害状況から犯人は多量の返り血を浴びた可能性が高いにもかかわらず、「(被告が強奪したとされる)被害者の車のシートカバーなどに血痕が全く残っていないのは不自然」と指摘。自白調書では、被害者が倒れた後にコンクリートの塊で殴ったことになっているが、「現場の血痕の付着状況とは明らかな食い違いがみられる」と述べた。 

今回の判決の肝は自白の任意性と信憑性の問題です。その点を検察側は立証できなかったのですから、非難されるべきはずさんな立憲をした検察側のはずであって、無罪となった被告人に非難される筋合いはないはずです。しかしYahooのコメンテーターの中にはそうは思わない人も紛れ込んでいるようです。
以下引用です。

* コメント [ 表示する|表示しない ]

* すべてのコメントを読むコメント数:108件平均投稿数:5.7件/時投稿人数:97人
* こんにちは ゲスト さんログインしてコメントを書く

並べ替え [ 投稿順|そう思う順|降順そう思わない順|注目順|共感順 ]

* 2010年2月23日 13時42分blu*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う441点私はそう思わない385点
* 「知らなかった!」と言いさえすれば、

脱税はおろか、殺人さえも無罪になる世の中になっていくような気がする。

* 2010年2月23日 14時4分par*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う6点私はそう思わない87点
* 人を殺しても、許されるということだな。
ま、どこででもたばこを吸うクズが野放しだからな。
たばこを吸うクズ=強盗殺人犯という公式が成り立つから、たばこを吸うクズが野放しなら
強盗殺人犯も無罪ということになる。
大体、たばこのポイ捨てが原因で人が死んでも、無罪だもの。
たばこのポイ捨てが原因で公共物を燃やしても無罪だもの。
強盗殺人犯も無罪だろう。

* 2010年2月23日 14時4分jdf*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う38点私はそう思わない79点
* また凶悪犯を野に放つのか?

きっと後悔する時が来る!!

* 2010年2月23日 14時3分yui*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う15点私はそう思わない65点
* 何と滑稽な判決!

* 2010年2月23日 14時41分wre*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う8点私はそう思わない59点
* 虚偽の自白をやったことで捜査が遅れて真犯人を取り逃しているのだから、何らかの罪に問われてしかるべきだろう。


自白を強要され冤罪の被害者を生み出す危険とか、推定無罪の原則とか立証責任は検察側にあるといったことを全く理解していないコメントがきら星のごとく並び、一瞥しただけでも頭がくらくらします。「たばこを吸うクズ=強盗殺人犯という公式が成り立つから」というコメントについてはコメンテーターがタバコ嫌いだということだけははわかりますが、それ以外の部分は全く意味不明でありながらそれについて賛同者がいることにも驚きます。

しかしこの事件もそうですが、物的証拠が少なく、重要な証拠が被告人の自白による場合にはどのような経緯でその自白がなされたのかが重要であり、それを担保するのが取り調べの全面可視化だと私は思います。
江川紹子ジャーナルでは「取り調べの可視化を急げ」といい、取り調べの可視化は

事件と被疑者・被告人の関連性についての「証拠が薄い」という事件は頻繁に起きている。そういう事件で、真犯人が捜査段階で自白をしたのに、公判で「無理な取り調べによるもの」と主張した時、取り調べ状況を録画たビデオを裁判官や裁判員に見せれば、取り調べを担当した捜査員をいちいち法廷に呼び出すまでもなく、たやすく任意性は立証できる。
 真犯人を逃さないためにも、無実の人を獄につながないためにも、そして裁判員となる国民の負担を軽減するためにも、全面可視化を急ぐべきだ。
 

 民主党は、先の総選挙で掲げたマニフェストの中で、捜査過程の可視化を約束している。ところが最近、中井洽国家公安委員長の私的研究会が、可視化や司法取引などの新たな捜査手法などについて約2年間かけて検討することを決めた。総合的な研究をじっくりやるのは構わないが、可視化に関しては2年間も塩漬けにしておく必要はない。その間に、菅家さんのように冤罪に苦しむ人が新たに出るかもしれないではないか。
 幸い、民主党の中でも、早期に全面可視化の法案を国会提出しようという動きもある。冤罪を防ぎ、裁判員の負担を軽減するためにも、ぜひ今国会で実現して欲しい。

と主張するのですが、取り調べの全面可視化はやはり早急時実現させるべきだと私も思いますが、なかなか生活に実感されることではないので世間の反応が薄いのが気になるところです。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。


スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード