web拍手 <幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)孤独な夕食や睡眠不足、テレビにくぎ付けという3要素がそろうと、そうではない幼児に比べて1.7倍も肥満の割合が増えることが、米オハイオ州立大などの研究チームの調査で分かった。運動不足や間食が背景とみられる。米小児科学会誌3月号に掲載する。 過去の研究でテレビ視聴時間が長かったり、睡眠不足が続くと食欲をつかさどるホルモンのバランスが崩..."> 肥満の原因?? 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)

孤独な夕食や睡眠不足、テレビにくぎ付けという3要素がそろうと、そうではない幼児に比べて1.7倍も肥満の割合が増えることが、米オハイオ州立大などの研究チームの調査で分かった。運動不足や間食が背景とみられる。米小児科学会誌3月号に掲載する。

 過去の研究でテレビ視聴時間が長かったり、睡眠不足が続くと食欲をつかさどるホルモンのバランスが崩れて肥満になりやすいと指摘されている。しかし、食事から睡眠まで幼児の生活全般と肥満の関係を調べたのは例がないという。

 調査は05年、週6日以上、家族と夕食をとる▽10時間半以上寝る▽1日当たりのビデオやテレビ視聴が2時間以内??の3項目について、全米の4歳児8550人を対象に実施した。このうち肥満児は18%だった。

 それによると、3項目を満たしている場合の肥満児の割合は14.3%だったのに対し、いずれも満たしていないと24.5%に増えた。また、満たしている項目が少ないほど、肥満児の割合が高くなった。

 チームによると、米国では、週6日以上親子がそろって夕食をとったり、幼児が1日10時間半以上の睡眠をとっている家族の割合はそれぞれ約6割、2時間以内の視聴を守っている家族は約4割という。

 研究チームは「肥満防止では、食事や運動のメニューを議論することだけでなく、家庭生活全般を指導していくことが重要だ」と提言する。



以前読んだ本で
デブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのかデブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのか
(2003/06/25)
グレッグ・クライツァー

商品詳細を見る

というのがあって、表紙とは裏腹の非常の非常にシリアスな内容の本だったのですが、それによっても同様な指摘がなされていたことを思い出しました。

要するに、アメリカのスラムなど決して治安が良くない貧困地域で、かつ、親は一日中働いている状況では、子どもを外に出すと危険なので、親はたっぷりおやつを与え、一日中テレビをつけっぱなしにすることで子どもを家の中に閉じこめる傾向がありそのような子どもは肥満になりがちだったということを言っていたのですが、それって結局上記の調査結果のことではないですか?

ということは、アメリカの幼児肥満の原因は単にアメリカの貧困問題のような気がします。貧困問題が解決され、治安が安定し、子ども達が外で遊ぶことができるようになれば肥満は解消すると言うことでしょう。
余裕がある家庭では家族そろって食事ができるし、余裕があるので子ども達を外に遊ばせても安全なところに住むことが出来、結果として必要な運動ができると言うことのように思えます。

ということは幼児肥満対策は貧困撲滅が結果としては根本的な解決になるということではないでしょうか。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード