web拍手 東京地検特捜部が、週刊朝日編集長とフリージャーナリストの上杉隆氏に出頭要請をしたとかしていないとかでちょっとした騒ぎになっています。以下は「THE JOURNAL」からの引用週刊朝日が東京地検から抗議を受ける!週刊朝日2月12日号で掲載されたジャーナリストの上杉隆氏による「子ども人質に女性秘書『恫喝』10時間」の内容について3日、東京地検が同誌編集長の山口一臣氏宛に抗議をしていたことがわかった。抗議に対する山口氏..."> そんなに追い詰められているんだ 好日亭日乗
FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

東京地検特捜部が、週刊朝日編集長とフリージャーナリストの上杉隆氏に出頭要請をしたとかしていないとかでちょっとした騒ぎになっています。

以下は「THE JOURNAL」からの引用週刊朝日が東京地検から抗議を受ける!

週刊朝日2月12日号で掲載されたジャーナリストの上杉隆氏による「子ども人質に女性秘書『恫喝』10時間」の内容について3日、東京地検が同誌編集長の山口一臣氏宛に抗議をしていたことがわかった。抗議に対する山口氏のコメントは以下の通り。なお、Twitter上では「山口編集長が出頭要請を受けた」という情報が駆けめぐったが、同誌編集部によると「ただいま山口編集長は不在ですが、出頭中ではなく"出張中"(東京都外)」だという。



ちなみに、今回の騒動に関する速報として、

週刊朝日公式HP「談」(HP下部のニュース)では、

「10/02/03 【速報】ご迷惑をおかけしております・・・」

というタイトルで後日、改めてメッセージを発信するとしている。
────────────────

山口一臣氏(週刊朝日編集長)
「記事には自信を持っている」

 2月12日号「子ども人質に女性秘書『恫喝』10時間」の記事に対し3日、谷川恒太・東京地検次席名の「抗議書」を受け取りました。記事は丁寧な取材を重ねたものであり、自信を持っております。


問題の記事は「THE JOURNAL」によれば暴走する検察が子どもを人質に石川議員の女性秘書を約10時間拘束!
というもので

 記事によると、1月26日に石川事務所の押収品の返却について検察から呼び出しを受けた石川議員の女性秘書が、検察庁に到着して「民野健治」という担当者と話すと、そのまま携帯電話を切るよう命じられ、その後約10時間にわたって取調べを受けたという。だが、女性秘書は約3年前に石川議員の秘書として働きはじめたばかりで、いま問題となっている2004年の陸山会の収支報告書については何の知識も持っていない。しかも、女性秘書には3才と5才の子どもが保育園に通っているにもかかわらず、保育園の閉園時間である午後7時になっても夫や知人に電話することすら許さなかったという。そのほか「権力はここまでやるのか」と思わせる事実が詳述されている。(以下省略)


事実に間違いがあるのであれば抗議は当然の権利ですが、大丈夫なんでしょうかね?
携帯電話の電源を切れと命じたとか、その他取調室での詳細についての抗議なのでしょうが、検察側はやっていないことの証明をどうするのでしょう。所謂「悪魔の証明」だと思いますが。
まさか全てを録音していたとかそういうことでしょうか。
検察は「取り調べの全面可視化」に反対だといわれていますが、いざ事態がこんな方向になると、取り調べの可視化は検察にとってもメリットがあるといえますね。

少なくとも今回の騒動で、検察は西松事件以来捜査の本丸のはずだった小沢一郎の起訴に失敗し、また石川議員も起訴はしたものの公判の維持が危ぶまれていると一部からは指摘されている始末であり、相当焦っていることに相違なく、その焦りがあらぬ方向に暴発したということでしょうね。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。

スポンサーサイト





この記事へコメントする















Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード