FC2ブログ
≪ 2011 08   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2011 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

小沢一郎の3秘書に有罪判決が下ったことで、新聞・テレビは小沢一郎の影響力が低下するとか解説しているところもありますが、これってどうなのですかね?
もちろん政治家としては別格なので、同じとは言えないにしても小沢の師匠に当たる田中角栄の場合はどうだったのでしょうか?
田中は1審2審とも有罪判決を受けたのですが、議員辞職はせずむしろ自民党を離党することで、逆にキングメーカーとしての地位を確固たるものにしたのでした。その田中角栄が完全に失脚したのは竹下登や小沢一郎(!!)らが田中に対する下克上として経世会を設立したことで、これに失望した田中は酒を浴びるように飲み、結果として最高裁の判決前に失意のまま死去したのでした。

歴史にもしもはタブーですが、もしも田中派が一枚岩のままであったらどうなっていたのでしょう?
田中の有罪確定はやむをず、田中自身は議員辞職したかもしれませんが厳然として政界に影響力を及ぼしたであろう事は想像に難くありません。田中角栄の影響力をなくすことができたのは当の田中派議員だけだったわけです。司法の判断は何の影響もなかったわけです。というより三権分立の原則を考えれば至極当然のことです。

要するに日本の司法は曲がりなりにも三審制を採用しており、建前であるとしても有罪確定までは推定無罪の原則が貫かれています。小沢一郎は確かに刑事被告人ではありますが、刑が確定しているわけではなく、また日本の裁判制度では有罪無罪が確定するまでにはまだ数年の時間がかかることが容易に予想されるわけですから、少なくともそれまでの間は、自身がやったように下克上でもない以上小沢の政治に対する影響力は厳然と存在し続けると言うべきでしょう。
大体そうでなければ先の民主党代表選に主たる候補者が一塊の党員資格停止者の小沢一郎に対して「小沢参り」をするわけがないではないですか。

もちろん判決自体に問題がないとは言いません。
状況証拠の積み重ねだけで判決を下すやり方は、所謂過去のえん罪事件を起こしたことと同様であって、司法は何の反省もしていないのかといわざるを得ません。
しかし検事調書が不採用になっただけで無罪だという判断は上脇神戸学院大学教授の指摘されるように軽率に過ぎるでしょう。
教授は以下のようにおっしゃいます。

元秘書ら3名につき、裁判所が、政治資金収支報告書への各不記載・虚偽記載を、例えば「共謀がなく無罪」「過失にとどまり無罪」と判断しない限り、不採用になった検察調書なしでも「違法性の認識、故意を認めて有罪」と判断する可能性は十分あるのです。

したがって、詳細な検討をしないまま、「東京地裁が検事調書の一部を採用しない決定をしたから元秘書ら3名は当然に無罪になる」というのは、乱暴な結論です。

むしろ東京地裁は違法性のあり得る検事調書をあえて採用しないことで判決の瑕疵を減らそうとしたといえるかもしれません。
また被告らも有罪を前提として、そこまで重大な刑罰を与える罪ではないと主張していた節もあるようです(以上上脇教授の指摘に寄ります)。

しかし小沢一郎と新鮮の問題はそちらが本筋ではなくむしろ、自民党分裂から始まる、新進党、保守党といった小沢が立ち上げてはつぶしていった政党に対する政党助成金の行く先でしょう。
気まぐれな日々はこう言います。

野田佳彦は、気前よく幹事長のポストを小沢一郎に近い輿石東に差し出した。金庫の鍵を受け取った小沢一郎は、野田佳彦の批判をほとんどしない。小沢の周囲から起きる野田批判の声にも、まあそんなことを言うなよ、野田もよく頑張っているじゃないかとか何とか言っているらしい。(強調は引用者)


師匠の失敗を目の当たりにして小沢一郎は合法的に金を集める手立てを考えた。
それが「政治には金がかかるので国民が政党を助成しよう」という師匠の犯罪を逆手に取った名目で成立させた政党助成金制度であり、小選挙区制度でした。小選挙区制度は党執行部に選挙の公認権を一任させるものであり集めた政党助成金を一気に管理できることから党執行部の権力を強くさせるものでした。
そして選挙公認権を有する幹事長職はある意味党首以上の権力を有することになったのでした。
その公認権を小沢に近い人物が握っている。
いや、報道に寄れば輿石は、一切合切を幹事長代理たる樽床伸二に任せているという報道もありますが、かって菅直人と樽床伸二が争った民主党代表選では小沢一郎は樽床を支援したのでしたから、結果として小沢の息のかかった人間が幹事長職を握っていることに代わりはありません。
最早民主党は小沢の財布と化してしまった感があります。
公党の財政を党員資格のない人間が結果として握ってしまっている、これが一番の問題ではないのかと思う今日この頃です。

スポンサーサイト



Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード