FC2ブログ
≪ 2011 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2011 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

前回の記事の追加となりますが、自民党の石破茂が報道ステーションでこのような発言をしたようです。
しばらくすると削除されるでしょうから、骨子だけ言えば、

1.原子力発電がそもそも原子力潜水艦からはじまった。
2.日本以外のすべての国は原子力政策は核政策とセットになっている。
3.日本は核を持つべきだと私は思わない。
4.しかし日本は(核兵器を)作ろうと思えばいつでも作れると、1年以内に作れると
5.それは一つの抑止力ではあるのでしょう

6.それを本当に放棄していいですか?ということはもっと突き詰めた議論が必要だし、私は放棄していいとは思わない
7.なぜならば日本の周りはロシアであり、中国であり、北朝鮮でありアメリカであり、同盟国かどうかを捨象して言えば核保有国が日本の周りを取り囲んでおり
8.そして弾道ミサイルの技術をすべての国が持っているということは決して忘れるべきではない

というものです。
この発言はやはり前回も書いたように、日本の保守政党たる自民党は、核の平和利用と核の抑止力という言葉をを旗印に原発推進に突き進んでいったということを当然であったといっているようにしか聞こえません。

大体、日本はかってあまりにプラトニウムを抱え込んだが故に、IAEAの査察を受けたのですが、少なくとも将来の政権与党の幹事長がこのような発言をするということ自体、NPTを代表とする国際社会の疑念を抱かしかねない発言と言うべきです。これ問題になったらどうやって国際社会に説明する気なのでしょうね。

仮に日本がそのような道に進んでいけば、結果として待ち受けるのはNPT離脱という「名誉ある孤立」であり、国内の批判を押さえ込むために「国粋主義」を推し進めることになりかねない。そして原料は自前で用意できないわけですから、原料を求め日本は結局はかって来た道を再度歩むことになりかねない。
この発言は大げさにいえば松岡洋右の国際連盟脱退と同じようなものです。「連盟よさらば!我が代表堂々と退場す」と石破を賞賛するような社会にならないようにするしかありません。
15年戦争で日本は国際協調の道を歩んでいたのですが、今までのことをなかったことにするというより、かっての自民党政権は本音を隠しながら国際協調路線を歩んでいたということになります。

こんな連中に政権を渡すことは日本を棄権に導くものだといわせてもらいます。

スポンサーサイト



Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード