FC2ブログ
≪ 2010 12   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2011 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

流石、大臣になると言いたい放題になりますね。
国債格下げ「消費増税の催促」=与謝野経財相

与謝野馨経済財政担当相は27日夜、BSフジの報道番組に出演、米国の格付け会社が日本国債の長期格付けを引き下げたことについて、「(消費増税を)早くやれという催促だ」と語った。同相は「日本の消費税はたった5%。スウェーデン25%、ドイツも20%。(日本には)まだ消費税という使ってない武器があると(世界の人は)今まで思っていた」と指摘、財政再建に向け消費税率引き上げが必要との考えを示した。 


そもそも一民間企業たる格付け会社の格付けに一喜一憂することが不思議。
日本の国債の殆どは国内で消化されており、国内でお金が動いている限りは、かってのアルゼンチンやギリシャのような事態には陥らない可能性の方が高いと考えるべきでは。

その上で、これは消費税増税の催促だと解釈する与謝野氏の方がおかしいでしょう。
確かに諸外国の消費税は日本より高いが、日常品は非課税や低率課税にするなど生活に配慮されており、その実質はかって日本にあった物品税と同じと考えるべきです。

これについてはこちらのホームページからお持ち帰り。
日本の消費税率は低いか?(web会計事務所amano)

こちらの記事は次のように言います。

税率の引き上げはやむをえないと考えるのは早計です。税率だけの比較では正確な判断ができません。

 第一に、北欧諸国のように高福祉の国では高負担になるのが当然です。給付と負担の両方を考えなければいけません

 第二に、社会保障の負担額(健康保険や厚生年金など)との関係も無視してはいけません。保険料負担がなく(少なく)、その分消費税などの税で社会保障費を賄っている場合には、消費税率がある程度高くても仕方がないですね。

 第三に、日本のように単一税率の国と欧米のような複数税率の国を単純比較するのも誤解を招きます

 このように、いろいろな要素を考慮した上で、現在の日本の消費税率が国際的に異常に低いのかを考える必要がありそうです



日本の消費税は一律定率課税という状態であり、逆進性は高いと言えます。
日本の消費税の酷いところは、日常品にも贅沢品にも同一の利率で課税をしていることで、確かにお金持ちが車を買うなどすれば税金は多く入るのでしょうが、毎月毎月車や家電品を買うお金持ちが一体どれくらいいるのでしょう。むしろ日々の日用品から生じる税収入の方が圧倒的なのではないですかね。このような逆進性の高い状態の消費税をさらに税率を上げるようなことをすれば確かに一時的には財政は健全化されるでしょうが、結局国内消費をさらに冷え込ませることになり、最終的な税収は下がることになりかねません。与謝野氏の主張は自身の信念(と思います)の財政健全にも遠い道だと思うし、与謝野氏の主張は亡国への道としか私には思えないのです。

しかしそうまでしてしなければならない財政健全化って何なんでしょうかね。
税制を健全化することが目的化してしまい、それが上手くいった後の日本の姿を財政健全化厨から聞いたことがありません。
いうのは「家計にたとえると・・・」とか「このままではギリシャのように・・・」などとひたすら我々を脅す言葉のみ。だいたい国の財政と家計が同じではないでしょうし、いままでもデフォルトを宣言した国はありましたが、殊更ギリシャだけをやり玉に挙げるのは恣意的なものすら感じます。

そもそも何で我々が消費税増税に対してアレルギーが強く、河村たかしの「減税日本」に支持が集まるのかというと、少子高齢化が進む日本においてどのような社会保障が妥当なのかの議論をろくにすることもなく、「家計にたとえると・・・」という言葉のみで我々の生活に関係があるのかどうかわからない財政健全化を錦の御旗にして負担を強いる姿勢にあるのであって、結局「やらずぶったくり」なんじゃないの?という素朴な疑問に政治が答えていないことにあるのではないかと思っています。だからこそ河村たかしあたりがいう「税金は罰金だ」という税の性格を全く理解していないとしか思えないむちゃくちゃな言説がまかり通るわけです。

もちろん赤字財政をそのままにして良いとは言わない。
それは神野直彦氏がおっしゃるように、赤字を出すことで本来の財政ができなくなる点に問題があるのであって、本来の財政ができる程度に財政が赤字になることはやむを得ないのではないかと思います。
国は家計や企業ではない。国は家計や特に企業が手をつけたがらない分野にも国の成長や社会の安定を図るために赤字になるとしても出資しなければならないのであって、そのために生じる赤字を税という形で負担を国民で分かち合うもので、その負担方法を弱者に厳しい消費税なんかに求めてはならないのではないかと思う次第です。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。


スポンサーサイト



Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード