FC2ブログ
≪ 2010 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2010 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

民主党の代表選ですが、ここにいたって新たな動きがあったもようです。
小沢氏不出馬も=菅・鳩山氏、「トロイカ」復活で一致―きょう4者会談・民主代表選 8月31日1時40分配信 時事通信

9月1日告示の民主党代表選を前に、菅直人首相と鳩山由紀夫前首相は30日夜、首相公邸で会談した。小沢一郎前幹事長の出馬回避に向け、首相と鳩山両氏に小沢氏も含めた「トロイカ」に輿石東参院議員会長を加えた体制を重視して、政権を運営していくことで一致した。小沢氏は首相との会談に応じる見通しで、出馬の方針撤回、対決回避の可能性が出てきた。
 同日夜の会談を受け、鳩山氏は小沢氏サイドに首相と会うよう要請。小沢氏周辺は、鳩山、輿石両氏も加えた4氏が31日に会談する方向となったことを明らかにした。「挙党態勢」の確立を求める小沢氏は、首相の意向を直接確認した上で、出馬の是非を最終判断するとみられる。
 30日の首相と鳩山氏の会談は午後8時から約1時間行われた。この中で鳩山氏は、野党時代に小沢、輿石両氏も含めた4氏で党運営に当たった「トロイカ体制の原点に立ち戻ることが重要だ」と、トロイカ復活を求めた。首相も「基本的な考え方に異存はない」と同意した。
 終了後、鳩山氏は記者団に、小沢氏の代表選出馬に関し「あすの(首相と小沢氏の)会談内容で決められる」と語った。首相は、記者団に「トロイカ」体制下での小沢氏の役職に関し「ポストとかは一切話していない」と強調。枝野幸男幹事長や仙谷由人官房長官を代える可能性については「具体的なことは話していない」と述べた。
 これに関連し、小沢氏の側近議員の一人は「不出馬もあるかもしれない」と、出馬見送りの可能性に言及。別の側近は、仙谷、枝野両氏が交代するとの見通しを示した。仙谷氏は、対決回避の可能性について「未知数の部分が相当ある」と記者団に語った。 

えっとこれって、民主党が今まで批判していた密室で全てが決まる自民党の手法そのものだと思いますが。こんな形で決まればまた批判を浴びることになるでしょう。

民主党分裂の危機を回避するためといわれていますが、前回のエントリに書いたとおり、民主党が分裂する可能性は小沢一郎が菅直人に敗北した場合だと考えており、仮に敗北したとしても小沢側近を民主党の主要ポストや主要閣僚に入れるといった人事での厚遇があれば、小沢グループが党を割ることは考えにくいと思います。
それよりもなによりも腹立たしいのは、もし、談合の結果(談合自体は決して悪いことだとは思っていません。あくまでもこれは民主党という私的団体の代表を決めるという話ですから)菅直人が代表になるということは、人事面で小沢一郎に主張を丸呑みすると言うことになるわけで、そうなれば小沢一郎は自分の理念や政策を相変わらず語ることなく、闇将軍としての権力民主党内でふるうこととなり、「豪腕」小沢神話は厳然と残ることになることです。

もちろん事態は流動的であり、全面対決の可能性は残されているのですがせっかくの機会です。
大いに民主党の2大権力者が論戦をするべきだと思います。

しかし世の小沢シンパはこの件で右往左往しており、つい最近小沢支持を表明した鳩山由紀夫を賛美していた連中が、この度の鳩山由紀夫の効能を見て手のひらを返したように鳩山を叩いている姿は滑稽を通り越して哀れを感じます。
民主党のオーナーである鳩山由紀夫が党の分裂回避に走ることは当然だと思いますが、非難されるべきはむしろそうなりかねないことを想定できないまま、菅直人支持を言ったり小沢一郎支持を言う鳩山由紀夫の言葉の軽さだと思います。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。



スポンサーサイト



Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード