FC2ブログ
≪ 2010 06   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日ですが辻元清美が社民党を離党しました。
今後は無所属議員(与党系ということでしょう)として活動を続けるとのことです。

社民党が連立与党の離脱を決断した際に、それに強硬に反対したのが辻元清美だったとのことですし、また、社民党が連立を離脱した際には民主党からは社民党の離党を条件に閣内に同氏を残すという話があったほどです。
先の参院選の社民党の惨敗を受けての行動でしょうが、予定通りといえば予定通りの行動です。これを報じるマスコミの反応は「大臣の味が忘れられず」とか「自分の選挙対策だ」書いており決して好意的ではないのですが、それに輪を掛けて酷いのが所謂「小沢信者」と呼ばれる「リベラル系」ブロガーの皆さんで、「何の実績も上げていないのに」とか「大臣は三日やったらやめられないというが」などと酷評している始末です。どうやら反小沢の前原誠司のグループに参加するのではないかという危機感がそうさせているようです。

そんな中、比較的冷静な論評をしているのが「日本がアブナイ!!」の記事で、その中でも特に感銘を受けたのは産経新聞の記事を引用した

彼女の言葉の中で、mewの印象に一番残ったのは「理念と現実を
往復しながら」というところだった。
 その前後を、産経新聞から、もう少 し詳しくアップしてみたい。

『私は今日まで、社民党で政策実現を果たしたい、果たすためには
どのようにすればいいのか考え続けて 行動してきました。それは、
小さな政党にとって決して容易なことではありません。いつも現実
を1ミリでも前に動かそうと苦悩を抱えながら 毎日、試行錯誤を
してきました。』
 
『私は国土交通副大臣を経験させていただきました。それは現実の
矛盾の塊への挑戦で あり、利害調整の最前線でした。私は、JAL
再建問題、JR不採用問題の和解、中国人観光客のビザ緩和や生活
困窮者への総合的サポートな ど自民党政権ではなしえなかったこと
に取り組む中で、理念と現実を往復しながら物事を具体的に動かす、
これが政治だということも改めて確 かめることができました。
 そんな中で、私は、現実との格闘から逃げずに国民のための仕事
を一つずつ進めていきたいという思いが強くなり ました。』

『今後も私は、憲法9条を守り、弱い立場の人たちのための政治を
目指すこと、それはいささかも変わりません。』

という箇所でした。
政治家である以上、その政治理念がありそれを現実化したいと思うことは当然のことであって、現実にする力は与党にしかないのが議会制民主主義ということなのです。彼女の好意は確かにパフォーマンスであって、自分の選挙対策という一面は確かに否めないとしても、自分の理念を実現させるために比較的自分に立ち位置の近い現与党を選択する行為自体は何ら恥ずべきものではないと思います。
同党の保坂展人氏は同氏のブログ「保坂展人のどこどこ日記」でこの件に言及していますが、同氏も少数野党の悲哀と与党内野党として社民党が果たせたかもしれない役割に言及されておられますが、これを読むと辻元清美が言うところの「理念と現実を往復しながら物事を具体的に動かす」ことが政治なのだと思いながらも原理原則の反対野党では政治を動かすことができないことの苦悩と苛立ちを感じさせるものです。

今朝の「やじうまプラス」ではコメンテーターの大谷昭宏が「少数だから何もできないということでそこから離脱してしまったら、その少数野党に票を投じた民意はどうすればいいのか」ということをいっていましたが、まさに今の2大政党制を目指した選挙制度ではまったくそのとおりなのであり、今のままでは少数政党は現実にコミットしていくためには解党やむなしというところまで行ってしまうのかもしれません。

小沢一郎が目論んだ2大政党制は政権担当能力のある2つの「保守政党」を作るというもので、その中身は、一つには自民党の解体であり、もう一つには旧来の自民党となあなあの関係であった社会党の消滅にあったといわれています。2大政党は未だ実現に至っていませんが、自民党の解体と社会党の消滅については着々と進展しており、それがマスコミが言うところの「選挙に危機感を持った」辻元清美の離党をもたらしたのではなかったのでしょうか?
もし昨年の総選挙で社民党が議席を一定数確保できていれば普天間の問題はさらに混迷したかもしれませんが福島みずほの罷免はなく、結果として社民党の連立離脱はなかったでしょうし、連立を離脱しなければ辻本清美は引き続き国交省副大臣として理念と現実を往復していたでしょう。
その点において小沢一郎の行った「政治改革」は極めて罪が重いものであったといわざるを得ません
風が吹けば桶屋が儲かるではないですが、辻元清美の離党は小沢一郎にその責任の一端があるとあえて言っておきます。

↓「ブログランキング」参加中!!。クリックお願いします。


スポンサーサイト



Powered By 読書カレンダー

kodebuya

Author:kodebuya
関西出身のkodebuyaです。
心と体を鍛えてかっこいいオヤジになりたいです。
ラーメンと犬が好きです。


-天気予報コム- -FC2-


QRコード